職場のコミュニケーション不足の原因と解消方法について

こんにちは、はちとです。

この記事では、『職場のコミュニケーション不足の原因と解決方法について』紹介しますよ。

職場でもっと周囲の方と打ち解けて、円滑なコミュニケーションを取りたいと考えますよね。

会社では相手のこと(上司、同僚、部下、取引先)を意識しすぎたり、自分の殻に閉じこもってしまったり、家族や友人とはうまくコミュニケーション取れるのに、会社ではいつも薄っぺらい会話をしていてる。働く上でのコミュニケーション障害を解消して、少しでも多く『気持ちの通い合った会話』を通して働きやすく、ミスが減り、仕事が滞らない環境を作っていきましょう。




自分の仕事で手一杯になってしまい、周囲に気を使う余裕がない。

→ これは良くありがちですよね。1日の中でも集中タイムではしょうがないですが、自分の仕事だけに集中して良いのは入社したての1ヶ月程度ではないでしょうか。周囲には同僚、上司、部下、他部門の方…つまり人がいますよね。仕事は周囲のサポートがあって成り立つということをもう一度考え直す必要がありますよ。

ヒント:1日に数回は雑談を交えてコミュニケーションを図る努力を継続してみませんか?私のお勧めは、朝一に顔を合わせたタイミングで、プライベートでのイベントをさらりと伝え合うことです。ほんの2~3分程度で十分。もしあなたがリーダーシップを発揮できる立場なら、お互いにプライベートな会話をする時間を5分程度設けてから、ミーティングをすると作業効率が上がりますよ。お試しくださいね。

いつも真剣に仕事に集中しているときっとあなたからは、話しかけづらいオーラが出ていますよ。周囲から気軽に話しかけてもらえるように、心の余裕を常に考えていきたいですね。心に少し余裕が持てると、顔の表情も柔らかくなって話しかけやすくなり、周囲とのコミュニケーションアップにも繋がりますよ。

女性(男性)とどうやってコミュニケーションをとって行けば良いのかわからない

→ もうこれは、女性(男性)を知る努力をするしかありませんよね。失敗して、チャレンジして、また失敗して。私は20代に恋愛や仕事で女性に対して勉強させてもらいました。本当に女性(男性)は難しいんですね。でも絶対に諦めちゃダメだよ。女性(男性)を知る努力を毎日継続してくださいね。

ヒント:

職場で部門、チームの女性(男性)と話す回数は1日何回ありますか?隣に座っている方(同性、異性問わず)と1日何回会話をしますか?会話の回数が多いから仕事ができるとは限りませんが、コミュニケーションは取れていますよね。

あなたがいくら一生懸命に会社やチーム、相手のことを色々と考えて、伝えよう、改善しよう、指導しよう、提案しようと思っていても、相手があなたのことを受け入れる(素直に聞く)土台がないと相手には響きません(伝わりません)。

そして、いくら一生懸命に考えていても、相手に話したり、伝えたりしなければ、当然相手には伝わりませんよね。

伝えてみて、話してみても上手く理解されていなかったり、相手の心に響かない(わかってくれない)こともあるでしょう。

それでも、あなたの意見や考えを伝えるのを決して諦めないで!あなたの思いを何度でも、何度でも伝えていきましょう。

私はあなたの味方です。ちょっと落ち着いてみましょう。




コミュニケーションの頻度を増やす(あなたが心臓(ポンプ)になってチームや会社に会話という血液を循環させよう。)

相手に思いが伝わらない時は、日々のコミュニケーションをちょっと工夫していきませんか。毎日のちょっとした雑談やコミュニケーションで相手との距離を本の少しだけ縮めておけば、いざ大切な話を伝える時に相手もきちんと話しを聞こうとしてくれます。

私が職場で実践していたのが、お菓子でちょこっとコミュニケーションです。

職場でお菓子食べるのがOKならば、コンビニで毎日お菓子を買うことをお勧めしますよ。10時、15時頃にお菓子を周囲のデスクの方に振る舞ってみましょう。はじめは恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、女性は甘いものやお菓子が大好き。明治アーモンドチョコなんかを1つどうぞって差し出しながら、ちょっとした会話を添えて見ると、みるみる内にコミュニケーションが改善していきますよ。こんな本当に小さなことでも継続してみることは大切なんですよ。

created by Rinker
明治
¥1,820 (2018/06/24 22:32:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
明治
¥1,820 (2018/06/25 00:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

※甘いのが苦手な方もいるので、ハッピーターンなど好みに合わせてローテーションしてみてね。

コミュニケーションを図る時には、女性と男性の考え方の違いを常に頭に入れよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.