子育て悩み醍醐味

節分豆まきで子供の成長を感じる楽しい日。日本文化を子供にきちんと伝えていきたい。

こんにちは、はちとです。

2月3日は節分(せつぶん)。都心でも雪が降ることも多いこの時期に、『鬼は外、福は内』と言いながら豆を家中にまきます。この豆まきで子供の成長をとっても感じられるんですよね。私は子供の成長に合わせて、日本の大切な文化をきちんと伝えていきたいと思います。もちろん、私が両親から受けていた節分豆まき文化を思い出しながらですけれどね。

節分について子供にきちんと伝えられますか?

節分は豆をまくというだけでなんとなく行っていませんか?そして疲れているからと言って面倒くさそうにしていませんか。節分の日をご家族みんなで楽しい思い出にしてみましょうよ。鬼のこと、豆まきのこと、恵方巻きのことなど色々なことを楽しみながらご家族の絆を気付いていきましょう。

豆まき(鬼は外、福は内と掛け声をかけながら)は楽しく

節分は、「みんなが健康で幸せに過ごせますように」という意味をこめて、鬼(悪いもの)を追い出す日です。家族の中で誰が鬼(悪いもの)の仮面をつけて鬼役をやるかジャンケンをしたり、立候補をしたりして豆まきがスタートしますよね。一般的には「鬼は外、福は内」と言いますが、「鬼は内、福は内」と言いながら豆まきをする地方もあるようです。日本でも色んな考え方や価値感や意味合いの違いなどあるんですよね。

0歳の息子は妻におんぶされながら参戦し、3歳の娘は鬼役の私(鬼の仮面をかぶった状態)でも全く怖がらずに、「鬼は外、福は内」と豆を投げてきます。

1年前、2歳の娘は鬼の事がわかり(保育園で鬼のパンツの歌を良く歌っていた)、豆をぶつけられず泣いて、豆を鬼(パパ)にどうぞと渡してくれたのを思い出します。2年前、1際の娘は鬼のことがとにかく怖く、ずっと泣いていたのを思い出します。0歳時は息子と同様にママに抱っこされながら豆まきに参戦しました。

良く仕事ではデータを月や年で経年比較をしますが、子供の成長も経年比較をすると本当に楽しいですよ。無限に写真をクラウドに残せるグーグルフォトをお勧めします。簡単に『節分』や『2月3日』で写真や動画が検索できて過去の思い出を家族で見ながら楽しく話せますよ。googleフォトの記事はこちらをご覧くださいね。



鰯〔いわし〕の頭を飾る

私の実家では経験が無いのですが、妻の実家では、毎年節分の日には鬼(悪いもの)を払うため鬼が嫌う柊(ひいらぎ)枝に鰯(いわし)の頭を刺したものを玄関に立てていたそうです。住んでいる地域でも色々な風習の違いもあり、楽しいですよね。家族でも違いを楽しみながら、子供にも節分を説明していきますよ。

恵方巻きを食べる

また、個人的には最近になってコンビニエンスストアのCM(コマーシャル)で都心や関東でも一般的になってきた恵方巻き(えほうまき)も我が家では楽しんで食べましたよ。節分の日に恵方巻き(丸かぶり寿司、太巻き寿司)を恵方(えほう)を向いて無言で丸かじりすると、一年間幸運を引き寄せてくれるといわれています。

鬼の黄色のパンツをイメージした恵方巻きを作って食べましたよ。

まとめ

日本の節分豆まき文化は子供にも楽しく伝えて行きたいと思いませんか?

日本の文化や風習の意味をきちんとした意味があるんですよね。子供の成長する過程を考える良い節目にもなります。

きっと子供にも心に残る家族の思い出になります。そして、少しだけでも良いのでご両親のこと、自分が子供の頃を思い出して見てくださいね。

きっとご自身の成長も感じられますよ。

ABOUT ME
hachito909
スポーツライター。 子育て(2人)も生活も仕事もどれも思いっきり楽しみたい。大好きな時間で人生を作っています。 今しかできないことを思いっきりやってみませんか?
Translate »