子供と一緒に楽しくビックリマンチョコを食べまくった話~後半~




こんにちは、はちとです。今日は、玉置浩二さんの『田園』を聞きながらブログを書いていますよ~。良くカラオケで友達と歌ったな~。懐かしい。

前回の『子供と一緒に楽しくビックリマンチョコを食べまくった話』の続きですよ~。肩肘をはらずにどうぞお気軽に楽しんでくださいね~。前回の記事はこちらですよ。

子供と一緒に楽しくビックリマンチョコを食べまくった話~前半~

2017.09.26

ヤマト王子

 

 

 

 

 

ヤマト王子は、聖フェニックス(のちのヘッドロココ)と一緒に戦う仲間です。ビックリマンチョコのシールではヘッドロココがメインキャラクラーでしたが、テレビ放送ではヤマト王子がメインキャラクラーとなっています。

ヤマト爆神 ビックリマン終身名誉PR大使 里崎智也さん(元ロッテ・元日本代表選手)推薦

 

 

 

 

 

私もこのヤマト爆神が大好きなシールでした。確か当時は背景がキラキラと光るシールだったような気がしましたよ。でも本当に子供の頃にハマっていたシールを楽しめている30代。子供に、妻に一生懸命ヤマト爆神のかっこ良さを語っています(*´∀`*)



アリババ神帝 復刻総選挙17位

 

 

 

 

 

聖フェニックス(後のヘッドロココ)、ヤマト王子(後のヤマト爆神)たちと悪魔を倒す旅にでるアリババ神帝。仲間思いの彼は思わぬ運命に…皆さんはおわかりですよね。そんなストーリーも子供ならが本を読んでいるような想像力を最大限に働かしていたと今になって思います。

ゴーストアリババ 復刻総選挙第18位

 

 

 

 

 

悪魔化したゴーストアリババ。ワンダーマリアに操られて天使と戦う。もう子供心が複雑な気持ち(助けなくちゃ、辛いよね、でも怖い)を抱いていました。こんなストーリーもビックリマンの魅力なんだろうな。今見ても、ちょっと怖いですよね。

 デューク・アリババ 復刻総選挙第7位

 

 

 

 

 

ごめんなさい。正直このデューク・アリババは始めてしりました。でも、復刻総選挙第7位とはアリババの人気が伺えますよね。キャラクターとストーリー性に魅力を私も感じてしまいます。天使から悪魔になったり、また天使になったり、悪魔になったり。。。忙しい。



 

ヘラクライスト 復刻総選挙第8位、第15位

 

 

 

 

 

ヘラクライストは、カッコイイですよね。12天使の力を合わせて『ブラックゼウス』と戦う天使(ヘッド)です。

 

 

 

 

 

12天使のアンバランスがもたらしたヘラクライストのパワーダウン(ピンチ)状態。頑張れ、ヘラクライスト!!ブラックゼウスを倒すんだって心をヘラクライストと一緒にしていた子供時代。子供時代って大切だなって本当に思いました。そして、私の子供にもなにか夢中になる遊びを見つけられるようにサポートしていければと思います。

ブラックゼウス 復刻総選挙第5位

 

 

 

 

 

ブラックゼウスは、スーパーゼウスと双子の兄弟ですよね。生まれたすぐに始祖ジュラの体内に取り込まれてしまった為、悪魔に変身。ヘラクライストとの決戦「天界山脈の決戦」に敗れた。これも、本当に悲しいストーリーだと思いませんか?生まれてすぐに悪魔に取り込まれるなんて…衝撃的です。でも顔はスーパーゼウスとそっくり。

スーパーゼウス 復刻総選挙第3位

 

 

 

 

 

ビックリマンチョコの代名詞とも言えるもっとも有名なシール。昔、ビックリマンチョコではなかなかお目にかかることができなかったので、今回スーパーゼウスに出会えたことに感謝します。スーパーゼウスのブラックゼウスへの思いはどんな思いがあったのだろうか。

 

 

 

 

 

こんなラフなスーパーゼウスも楽しめるビックリマンチョコの包容力。きっと天使と悪魔の戦いが落ち着いて平和になったらスーパーゼウスはこんな素敵な格好をして世界中を旅行しているのかな?



魔肖ネロ 復刻総選挙第12位

 

 

 

 

 

この悪そうなキャラクター、子供の時も怖かったな。確か昔は全体が光っているシールだった気がしたけれど。。。

魔スターP 麒麟 田村裕さん(お笑い芸人)推薦

 

 

 

 

 

ちょっとカッコイイ悪魔(ヘッド)野聖エルサM(エム)との戦いで敗れる。迫力も満点ですよね。いかにも強そう。

まとめ

『子供と一緒に楽しくビックリマンチョコを食べまくった話~後半~』どうでしたか。昔ビックリマンチョコを食べていたな、シールを集めていたなっていうパパさんは、きっと懐かしい記憶と思い出が浮かんでくるのではないでしょうか。たまには昔の思い出を思い出す余裕があっても良いのではないかと私は考えます。

そして、自分が楽しんだ事を子供や奥さんに伝えて会話を楽しむこともとってもお勧めしますよ。パパの子供時代は奥さんもお子さんも知りませんからね。

家族のため、お客様のため、会社の為に頑張るのも素敵ですが、『自分のために頑張る、自分の人生を楽しむ(自分の好きなことをする)』のもとっても素敵なことだと思いますよ。

ちなみに私は、自分の好きなことがたくさんあって、良く嫁にチクチクと文句を言われていますが、それでも自分の大好きな事を毎日少しでもやっていたい。それこそがきっと私の魅力をアップさせてくれると信じているから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スポーツライター。コーチ。
自分のペースで自分らしいライフスタイルを構築中。働き方改革中の2児のパパ!!ダイエット実施中75kg → 65kg へ

自分の人生をより楽しく!?これは誰の人生でも無く、自分の人生だ!枠にとらわれずに、自分を信じてみよう。