信念

30代のリアル仕事が辛い人へ転職経験6回(5勝1敗)の私から重要ポイントを伝授します

不採用通知

こんにちは、はちとです。

この記事では、仕事が辛い人に転職経験6回(5勝1敗)について紹介しますよ。

仕事が辛いと毎日が辛いですよね。

そして休日でも気持ちは暗くなってうまく楽しめなくなることもありますよね。

仕事が辛いと思っている方に私の転職経験をもとに重要なポイントをアドバイスさせていただきます。

私の経験をもとに働くことや転職についてシュミレーションしてみませんか。




美味しく食べた後は、ダイエット。短期集中ダイエットならライザップがおすすめ

外食をお得に楽しむために、株主優待を活用しませんか。

Amazonプライムを活用して蒙古タンメンを快適に注文しちゃおう。

格安スマホに乗り換えて浮いたお金で何食べる?どこへ行く?

仕事に悩んでいたら転職サイトであなたの頭を整理してみよう。

転職経験6回(5勝1敗)の内訳を教えちゃうよ

  • 1社目:サービス業(昼夜問わず働く環境:ブラック企業指数95ポイント)仕事自体に興味を持てずに1年で辞めました。
  • 2社目;サービス業(深夜まで働く環境:ブラック企業指数100ポイント)やりがいはあったので約6年続きましたがこのままでは結婚できないと思い転職。」
  • 3社目:IT企業(長時間かつ土日も出社する環境:ブラック企業指数45ポイント)やりがいはあり、残業手当もきちんと支払われたので続きました。
  • 4社目:IT企業(働きやすい環境:ブラック企業指数:0ポイント)長時間労働を改善したいと思い転職。
  • 5社目:サービス業(無能な経営者に振り回される環境:ブラック企業指数1000ポイント)転職失敗。この時は保育園の退園ルール2か月内に就職を決めなくてはならず焦った。
  • 6社目:サービス業(会社の冷たい雰囲気と人間関係が耐えられない環境:ブラック企業指数0ポイント)会社の雰囲気(社風)が合わず転職
  • 7社目:フリーランス(ホワイト企業指数100ポイント) 雇われる働き方から自分がすべての個人事業主へ働き方へ転職 転職活動はしませんでした。

※ブラック企業指数は、私の完全なる主観ですが、パワハラやサービス残業、三六協定違反、休日出社などを考慮しています。




転職経験6回(5勝1敗)の私が教える仕事・転職のポイント

ポイント

仕事が辛いと考えてるあなたは、何が辛くてどうなれば自分が幸せになるかを冷静に考えてみましょう。

私は、胃がキリキリと痛んだり、お腹を壊したり、背中が緊張でバリバリに硬くなってストレスを抱えた時に、自分の今後について自分自身とゆっくりと会話を重ねていきました。

何が辛くて、どうなれば自分が幸せになれるのか。

自分にとって正しい答えは、自分の心と頭の中にあると私は確信しています。

でもね、自分自身と会話することって慣れていないと難しいんですよね。

ゆっくりと心を落ち着かせて、幸せをつかむために時間をきちんととりましょう。

考えるポイントは5つあります。

  1. 仕事が辛い理由をすべて書き出そう
  2. どうしても譲れない項目を決めて、優先順位をつけていこう
  3. 10年後も働けるかを自分自身に聞いて、決断しよう。
  4. 働くこと(会社員、個人事業主、起業、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト)
  5. 健康であることと休むこと

それでは1つ1つゆっくりと見ていきましょう。

仕事が辛い理由をすべて書き出そう

悩みを考えているサラリーマン

頭の中にある不安や不満は紙に書きだすことで80%は解決に向かいます。

気になることやむかつくこと、嫌だと感じることを思うままに書き出してください。

あなたに必要なことは、遠慮をすることではなくて、自分に素直になることだ。

焦ることはない、恥ずかしがる必要はない、あなたの気持ちを全部紙に吐き出してしまおう。

私が仕事は辛いと考えて転職した理由例

  • 正しく働けないこと(サービス残業、サービス休日出社)
  • 正しく評価されたい
  • 働く時間が長い
  • 働く時間をコントロールできない
  • 通勤電車、満員電車が辛い
  • パワハラがつらい(パワハラを見ているのがつらい)
  • サービス残業
  • 休めない
  • 夏休みを自由にとれない(チームメンバーでじゃんけんなど決めてで希望通りいかない)
  • 家族との時間がとれない(働く時間が長い)
  • 昼休みの昼食が1人で寂しくて味気ない
  • 仕事自体に興味が持てない
  • 人間関係が辛い
  • 社風(会社の雰囲気)が自分と合わない

私は、お給料(月給)の不満で転職活動を行ったことはありません。

残業しているのに残業代が出ないことへの不満で転職したことはもちろんあります。

私の場合には、「正しく働きたい」という意識が昔から強かったように思います。

あなたはの仕事に対する不満は何ですか。

今よりも楽しく、幸せになるためにゆっくりと確実にけっして焦らないでくださいね。

焦ってやたらに転職サイトやハローワークに行って会社を探すことは結局効率が悪いんです。

辛くてもじっくりと時間をかけて自分の本当の気持ちを自分で理解すること。

これが、転職の効率を上げる立った一つの行動です。

自分(の思いや気持ち)を知ろう。

私が実際に私が自分との対話から導き出した仕事が辛い本当の気持ち

  • 正しく働けないこと(サービス残業、サービス休日出社)

サービス残業

会社員の方は、雇用契約書をもらっていると思います。

雇用契約書には、働く条件(仕事の内容、給与、休み、残業代など)がきちんと記載されてますよね。

でも働く現状と雇用契約書の内容が違うことって意外と多いもの。

[aside]例えば休みについて
・有給を取得できない。→ 時期をずらす権利(時季変更権)は会社にありますが、有給をとらせない権利はありません。
・完全週休二日制 → 2日の内1日は研修や大掃除などで休日出社しているにも関わらず、代休をもらえない。休日手当も出ない。
・紙の勤務表に手書きで勤務時間を書き、残業時間も書いたが赤字で訂正(残業がないように)指示が上司(社長からの指示を受けて)から来る[/aside]

こんな状況をしょうがないと受け入れて働くこともできましたが、こんな状況でも働くことに私は違和感を覚えました。

上司を見て、社長の言いなりになって部下をきちんと守れない情けない上司だと思いました。

正しく働くことやきちんとルール通りに働くことを求めて何が悪いと本気で思います。

そんな思いを行動に移して私は転職活動を成功させていきました。

  • 正しく評価されたい

評価

目標管理(MBO)と呼ばれる手法を取り入れている企業も多いのですが、実際は上司も部下も毎日忙しすぎてきちんと目標を確認しながら日々の仕事に取り組めている会社や環境は極めてまれだと私は経験から感じています。

目標管理すら立てられない環境の会社も多くあります。

created by Rinker
¥1,944
(2018/11/20 05:58:38時点 Amazon調べ-詳細)

上司や会社(社長)から正しく評価されていないことも転職を考える動機になりました。

同じように働いている同僚がどんどん出世していく。

スキルや業務担当も私の方が多岐にわたり、体調を崩さずに休まない。

一方、出世していく同僚は担当できない分野の業務もあり(代わりに私がカバーする)、体調を崩して休むことも多い。



評価とは完全に公平にはできないことを知りましょう。

上司も会社も社長も「感情」で動いているんだからね。

出来ていないことはきちんとできていないと評価してくれて、できていることは認めてくれる適切な評価がモチベーションを上げますよね。

明らかに正しく評価されていないと感じたら、転職を考えても良いと本気で私は思います。

  • 働く時間が長い

残業する女性

通常の会社だと9時に始まり18時終了のケースが多いのではないでしょうか。

でも18時に帰れることはほぼありませんよね。

私も18時を過ぎでやっと本来やらなくてはいけない仕事に取りかかれること状態を何年も経験しました。

9時から18時は絶対に今日やらなくてはいけない仕事で追われて、なかなか本来きちんと時間をかけてやるべき改善や仕組化ができない。

そして、18時にお客様対応が終わってから自分の仕事をするという毎日。



マンパワーが足りないのと、いらない業務が増えすぎて時間ばかりが過ぎていく。

人員や業務の状況、コスト、改善案など経営者へ何度も提案して会社をより良くしようと試みましたが全く聞く耳を持たなかったので、私は転職をしました。

病気になるまで会社にいる必要はないと私は強く感じています。

ただし、病気になると正しい判断が出来なくなることもあると思いますのでなるべく早めに自分と向き合って、ストレスが多い場合には転職や会社を辞める勇気を持ちましょう。

人生100年。病気になる前に会社を辞めて、健康的に毎日を過ごす為に今頭を働かせて、勇気をもって行動へ移してみませんか。

  • 働く時間をコントロールできない

IT企業や大企業では当たりまえかもしれませんが、休日や出社前のメールチェック。

休日でもメールチェックと返信を要求されることもあります。

仕事とプライベートをきちんと分けようと試みても、休日にメールチェックしている同僚が評価されるとやっぱり休日もメールを見なくてはいけないと思ってしまったりしますよね。

私が経験してきた具体的な例をあげますね。(土日祝が休みの企業のケース)

土曜日の朝10時ころメールで月曜日の9時(始業)までに資料作成依頼を受けた場合

依頼者は土日でもメールをチェックしていることが前提なので、平気で月曜日の9時までに資料作成を依頼してきます。

この場合、もしく5つの選択ができます。

  1. 土曜日午後に休日出社して資料作成をする。(資料作成の時間が読めない場合など)
  2. 日曜日の午前または午後に休日出社します。
  3. 月曜日の6時に出社して資料を8時30分までに作成します。(印刷に20分は必要)
  4. 土日なのでメールは見ていないと言い張る。
  5. 資料作成の時間がとれないので、時間調整をお願いする。

私は、1~3でほぼ対応していました。

ここでポイントとなるのが、時間のコントロールです。

資料を作らないといけない場合、プライベートの予定と調整をしながらも休日出社などして対応していく経験もありますよね。

ある程度自分で上記のように時間コントロールができるケースでは精神的に楽です。

例えば土曜日の午後出社しようと考えていたけれど急に友人と飲み会に誘われた場合、日曜日に出社して対応することもできます。

反対にコントロールができないケースを見てみましょう。

会社が開くのは始業15分前(8:45)で土日祝日は会社へ入ることができず仕事ができない。

この場合は、時間コントロールができませんよね。

急な依頼や自分が計画した仕事の進捗に対して時間的な調整ができる環境はやっぱり働きやすいと感じてしまう。

組織にマネジメントがきちんと働いていれば、人員の調整をしたり、無駄な資料作成をさせずに共通に使える使用を準備したりと働きやすい環境に変えることができます。

  • 通勤電車、満員電車が辛い

満員電車
  • パワハラがつらい(パワハラを見ているのがつらい)

上司からのパワハラって気づきにくいと私は思います。

私は不誠実な上司からパワハラ(人格否定)をうけていました。仕事のやり方ではなく人格を否定してくる上司からは早く離れてくださいね。

会社が対応しない場合には、退職も視野に入れて行動をとりましょう。

私のケースでは、私の仕事はアルバイト以下と月に100回も言われました。お前なんかアルバイトと変えた方が良いとも言われました。

のちにこの上司のデスクからは、当時の会社の社長の悪口をExcelにメモしたものが見つかりました。

本当に情けないですし、こんな上司や人間になってはいけないと強く思いました。

ただ初めはパワハラを受けた経験がなく、ミスをしてしまう自分を責めました。

しかし、サービス休日出社してまでチームをよくしようと考えてスタッフの研修を行ったり、チーム全体の穴埋めをしたりしている状況でアルバイト以下の仕事と何度も言われることは本当に苦痛でした。

これがパワハラなんだと感じた時には、パフォーマンスが低下して仕事のモチベーションは下がり体調を崩しやすくなっていました。

その後、不誠実なダメ上司がやめたことで、私のパフォーマンスはぐんぐん上がっていきました。

上に立つものは絶対にチームを部下をそして上司を守らなくてはいけないとこの時の経験から学びました。

  • サービス残業

サービス残業はやる気の搾取だ。

スタッフのやる気を良いことにただ働きをさせるなんて、酷いですよね。

そして、スタッフはお客様やチームの仲間の為に会社からの依頼を無茶を承知で受けるしかありません。

サービス残業を受け入れて正社員として働くか、辞めるか。

私ははっきり、辞めた方が良いと断言できます。

特に新卒で入った企業では、会社をすぐに辞めると周囲からは負け犬と思われることを気にしますよね。

周囲から見て負け犬でもいいじゃないか。自分にとっては勝ち(価値)犬であればさ。

だいたい周囲を気にしていては、いつまでたっても幸せになれないぜ。

自分がどう思って、どう感じて、何をしたいかをきちんと理解していこう。

自分が幸せに感じる行動、自分が求める条件を探すことは、悪ではない。

もちろん勇気がいる素晴らしい行動だ。

転職=悪ではない。

自分らしい仕事と人生を選ぶ勇気ある賢い選択さ。



  • 休めない

社員の人数が少ないことを良いことにどんなに体調が悪くても休ませてくれないブラック企業もあります。

よく考えてみてね。

長く働くためには、体調に合わせてきちんと休んでもらうことが必要だよ。

人間はみんな体調を崩してしまいます。

インフルエンザにもかかりますよね。

こんな当たり前な感覚が会社にないのならば、さっさと辞めてしまおう。

私はやめて転職しましたよ。

  • 夏休みを自由にとれない(チームメンバーでじゃんけんなど決めてで希望通りいかない)

大企業だとお盆の時期に一斉に1週間程度休みを取ることもありますが、中小企業だとなかなか難しいですよね。

お盆の時期に田舎に帰って普段会えない親せきと過ごす。こんなことができない会社員がなんと多いことか。

私もずっと正社員で働くからには、休みたい時に休めないのは仕方がないと自分に言い聞かせて頑張って働いてきました。

でも、今は休みたい時に平日でも休みます。

その代わり1週間休みなく働くことも夜中や朝早くから仕事をすることもあります。

夏休みを自由にとれる環境を目指すために転職するっていうのも本当に良いと思う。

私は自由に休みが取れるフリーランスへ転職しました。




  • 家族との時間がとれない(働く時間が長い)

家族との時間が取れなくて、辞めたいと辛い気持ちを抱えている方もたくさんいますよね。

私も娘が生まれて気が付いた時には、1歳になり立って歩いていたと記憶しています。

毎日が忙しすぎて平日は寝顔を見ながら朝食を食べて出社し、家に帰ってくるのは11時54分の終電に載って翌日の1時過ぎですからしょうがない。

休日は休日で家族と外出して、子供と何気ない会話やなんでもないよちよち歩きを微笑ましく見守る時間はありませんでした。



息子が生まれたタイミングでフリーランスになり、子供との時間が増えて子育ての難しさと本当に3歳の子供と0歳の子供を同時に面倒を見る大変さを身をもって体験しています。

仕事では考えられないような頻度でのイレギュラーが発生し、波のある100%感情で行動する子供たちに対して対応することの難しさをとても感じてしまいます。

会社では、数字を使ってこうあるべきや正しい方向へ変更するために論理的に説明して理解してもらうこともできますが、子供は泣いたらとりあえず抱っこ、ミルク、眠い。

言葉がしゃべれない子供を育てることによって、一回り大きく成長をしていると自負しています。

  • 昼休みの昼食が1人で寂しくて味気ない

昼休み時間がないからと近くのお店でランチしたり、お弁当持参で社内で食べたりしていましたが、1人で食べる弁当の味気無さといったらありません。

もちろんたまには同僚とランチをとることもありますが、時間がないので菓子パン1つを流し込む経験も何度もしています。

昼食をもっとしっかりととりたい。

そして歯ブラシを使ってきちんと葉を磨きたいと思い私は転職しました。

  • 仕事自体に興味が持てない

仕事自体に興味が持てないと何をしてもダメですよね。

私の性格も大きく関係しているのですが、興味のあることや好きなことにはいくらでもパワーをかけられますが、興味がないことにはモチベーションが上がらない。

新卒で入った企業は1年たっても仕事に興味を持つことができませんでした。

そのまま死んだように働くこともできましたが、私は転職を選択しました。




  • 人間関係が辛い

上司、部下、同僚、お客様との人間関係も仕事や転職に大きく関わってきますよね。

個人的な意見を言わせてもらうと会社を辞める理由や転職する動機は人間関係が多いと思います。

人間関係が辛くて会社を辞めて何がいけないんだと私は思います。

人間関係が悪くて毎日死んだように仕事をしていることが正しいのか。

自分らしくあるために準備をして転職なり事業を起こすなりすることが正しいのか。

人間関係に迷ったらまずは本を読んで対応を考えてみましょう。

そして実践しても改善できなければ会社辞めちゃっても良いのではないでしょうか。

  • 社風(会社の雰囲気)が自分と合わない

これは本当に重要なポイントだよね。

ホワイトな企業で働いていた時に、社風が合わなくて会社をやめちゃった。

このホワイトな会社の社風は一言でいうと無関心。

朝出社してすれ違った方や先に席に座っている方にも何も挨拶をしません。

挨拶をすれば、挨拶は帰ってきますが、基本みんな挨拶をしません。

当然休み中にどこに行ったとか子供がどんな反応をしたとか、何気ない会話もありません。

私は朝元気良く挨拶をして始まる1日が大好きで、この企業では働きずらさを感じていました。

給料もわりと良かったのですが、自分を押し殺してまで頂く給料ではない(価値はない)と考えてあっさりとフリーランスへ働き方を変えました。

created by Rinker
¥918
(2018/11/20 05:58:40時点 Amazon調べ-詳細)

どうしても譲れない項目を決めて、優先順位をつけていこう

優先順位

自分が書き出した項目に絶対に譲れない項目と順位をまとめていこう。

その項目を埋めるように仕事を探していけば、簡単に転職先にたどり着けるよ。

でも、そこから先はスキル(能力)と思いの強さが必要さ。

たとえ落ちたとしても何度でも受けなおすような姿勢を見せられるか。

転職活動で知り合った企業やサービスを今後活用できるかが人生を楽しく過ごしていく秘訣かもしれませんね。

10年後も働けるかを自分自身に聞いて、決断しよう。

10年後

10年後も同じ職場で働きたいという感覚がなければ毎日を充実させることはできません。

冷静に考えて転職をするのか、社内で異動をお願いするのかを判断していきましょう。

働くこと(会社員、個人事業主、起業、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト)

雇用されて働くことに慣れてしまっているあなたに、個人事業主として働く方法もあるということを伝えたい。

雇用されずに働くことのメリットとデメリットをきちんと理解して自分に合った働き方をしたいものです。

私にとってフリーランスはものすごく相性が良いと感じています。

健康であることと休むこと

仕事を考える時に待遇や働きやすさ、プライベートを考えていきますよね。

でもちょっと待ってくださいね。

  • 働いて給料をもらうこと
  • 働きやすい環境
  • プライベートの充実

全て心と体が健康でなければ意味がなくなってしまいます。

健康でなければ働けない。健康でなければ遊べませんよね。

仕事や転職を考える時に忘れずに「健康」についても考えてくださいね。

短期的には無理できても、中長期的に無理な働き方では結局あなたを苦しめることが見えていますよ。

だから、10年先まで無理なく働ける環境を自分で探して、なければ作っちゃえ。




まとめ

働き方改革

「30代のリアル仕事が辛い人へ転職経験6回(5勝1敗)の私から重要なポイント」を読んでいただき本当にありがとうございます。

  • 自分自身ときちんと対話して本当に望む状況を書き出しましょう。
  • どうしても譲れない項目と優先順位をつけましょう。
  • 10年先も勤務したい企業を探しましょう。
  • 健康であり続けるとも忘れないでくださいね。

あなたには、あなただけの人生がある。

決めるのはあなただ。決して責任をとらない周囲ではない。

人生の主人公となって自分らしく毎日を思いっきり、楽しんで来い! はちと

美味しく食べた後は、ダイエット。短期集中ダイエットならライザップがおすすめ

外食をお得に楽しむために、株主優待を活用しませんか。

Amazonプライムを活用して蒙古タンメンを快適に注文しちゃおう。

格安スマホに乗り換えて浮いたお金で何食べる?どこへ行く?

仕事に悩んでいたら転職サイトであなたの頭を整理してみよう。

内定通知
ABOUT ME
hachito909
スポーツライター。 子育て(2人)も生活も仕事もどれも思いっきり楽しみたい。大好きな時間で人生を作っています。 今しかできないことを思いっきりやってみませんか?
Translate »