もっと子育てを楽しむ余裕が必要だと思わない?




皆さん、子育て頑張っていますか?hachitoです。私がサラリーマン時代、子育ては十分出来ていないと感じていて、妻と子供には申し訳ない気持ちともっと育児に参加したいという気持ちの葛藤が毎日ありました。皆さんはどうでしょうか?ご自分の気持ちとご家族の気持ちについて少しだけ考えてみませんか。

私には、子供が2人います。上は2歳、下は0歳(7月に生まれました!)私も妻も働いている為、保育園に入れる手続き(通える範囲の施設を見学したり、申請書を会社に書いてもらったり…)や毎日の送迎、本当に大変ですよね。サラリーマン時代には時間的な余裕が無く、もっと時間的な余裕が欲しい(自分で調整できる時間が欲しい)と考えていました。フリーランスになった現在は、その日の体調やイベントに合わせて、自分で時間をコントロールできる為、非常にストレス無く毎日を楽しめています。ただ、まだ収入面では赤字続きですが…。

さて、私がサラリーマン時代に感じていた育児についてランキング

  1. 平日も子供との時間を持ちたい。一緒に遊んだり、食事をしたり、会話をしたい。  平日は朝6:30分頃家を出て、帰りは22:00頃帰宅の為、帰宅して食事を取る10分~15分くらいの間しか子供と会話する事が出来ませんでした。※すでに寝ている日もありましたし…
  2. 自分の時間、休む時間が欲しい。 → 私は土日祝日が休日でしたが、妻は土曜日仕事。その為土曜日は子供を保育園に預ける事が出来ずに、1日中子守が必要でした。平日に子供と触れ合う時間がほとんど無いため、私と子供にとっては必要な時間でしたが、1日となると結構辛いケースもありました。できれば、毎日分散して、調整できると理想。そう勉強もジムもまとめて1日に5時間も6時間も出来ませんが、毎日30分~1時間ならば、負担が減りますよね。
  3. 妻の気持ちをもっと考えたい、サポートしたい。 → 下記に詳細を書きますが、本当に頭が下がります。妻との会話する時間も取りたい。

スポンサーリンク

妻のライフスタイル

  1. 週に5日勤務(仕事)
  2. 掃除(家事) → 週に2~3日くらい
  3. 洗濯(家事) → 洗って、干して、タンスへしまう ※私も10年近くひとり暮らしをしていたので、毎日の家事の大変さと面倒くささは身にしみています。
  4. 料理と後片付け(家事) → 朝はシリアルやヨーグルト&フルーツで簡単に。昼はお弁当を作ってくれ(朝6時頃までに)、そして夕飯は美味しくバランスを考えた食事を作ってくれる
  5. 保育園の送迎(育児) → 子供がなかなか着替えてくれない、出勤時間に間に合いそうにない中ぐずる等大変な思いをしていたと思います。
  6. お風呂と掃除(育児) → 子供をお風呂に入れるのって意外と重労働。子供はお風呂でもたくさん遊ぶから体力も必要さ~
  7. 寝かしつけ(育児) → 本を読んだり、会話をしたりして寝ようとしない子供を何とか寝かしつける…子供の性格にもよりますが、元気でなかなか寝てくれません。放っておくとくらい部屋の中でも23時過ぎまで1人で喋って遊んでいます。それはもう、『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』に出てくるロジャーそっくり。

これに、私が22時頃帰宅すると、私の食事の準備や子供の事(保育園での出来事や家での様子等)を話してくれて、ありがたい気持ちと共に、本当に1人の時間が足らないのだろうな、妻に多くの負担をかけてしまい大変申し訳無いと感じていました。妻も私が忙しく、本当はサポートして欲しいと思っていて(体調が優れない日などは特に)も、弱音を吐かず当たり前のように多くの仕事を対応してくれていました。

スポンサーリンク

夫(私)のライフスタイル(@サラリーマン時代)

  1. 週に5日勤務(仕事)
  2. ゴミ捨て(家事) → 週5日
  3. 子守(育児) → 土曜日だけ、1日子守。時間が長いので良く上野動物園(年パスを使い1年で10回くらい行った)、池袋のサンシャイン水族館など子供が喜んでくれる所へ一緒に行き楽しんでいました。普段運動する体力と気力が無いため、土曜日だけは育児を兼ねて、上野動物園内をぐるぐる歩き回り(時に抱っこひもで、時にベビーカーで、時に素手抱っこで)、1週間分の運動をしていきました。

妻のライフスタイル(勤務33%、家事33%、育児33%と比べ、私のライフスタイル勤務94%、家事1%、育児5%)はなんということでしょう、妻はメジャーリーガーのスター・イチロー選手のように、走・攻・守バランス良く、オールスターへ選出されそうな勢いです!!それに対して、私は、勤務に偏っていることが明らかです。真面目に働き、家計へ貢献しているのは間違えありませんが、妻の家事、育児の時間と貢献度を考えると、明らかに妻に頭が下がります。

いかがでしょうか。私達家族はこんな感じで家事分担をしていました。夫婦バランス良く、勤務、家事、育児にあたっていらっしゃる方ももちろんいると思いますし、夫婦の割合が違う方もいらっしゃると思います。また、おじいちゃん・おばあちゃんのサポートを受けられるケースもあるでしょうし。ただ、1人で全て(勤務、家事、育児)を行っている本当に大変な方がいることも事実です。私はまだまだ恵まれていると感じます。

そうは言っても、妻の負担をへらし、子供と妻と毎日の会話や食事を取る時間を増やしたいと考えてフリーランスへ働き方を変えました。時間的な余裕ができ、現在私のライフスタイルはこんな風に変化しました。

私のライフスタイル(現在:フリーランスになってから)

  1. 週に5日勤務(仕事) → 在宅での仕事
  2. ゴミ捨て(家事) → 週5日
  3. 保育園の送迎(育児) → 毎日なかなか着替えてくれない子供になんとか着替えをさせて、汗を流しながら送迎しています。保育園にはパパが送迎しているご家庭も多く、子供も私が送迎してくれることを笑顔で喜んでくれます。
  4. お風呂と掃除(育児) → 毎日お風呂に入り(妻が出産後で動けないため)、シャボン玉やお魚釣り(ダイソーで買いました)などで子供がでるって言うまで一緒に遊びながらお風呂でコミュニケーションをしています。
  5. 寝かしつけ(育児) → 毎日『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』を読みながら、寝かしつけをしていますが、、、毎日私が先に寝てしまい(ドラえもんに出てくるのび太君のように一瞬で寝ちゃうんです。)、その後はママにご本を読んで寝かしつけをしてもらっているみたいです。

 

時間的に余裕が出来たことで、仕事の調整・家族での時間を増やすことが出来ました。皆さんはライフスタイルの変化(働き方や役割分担の変化)についてどう思いましたでしょうか?もちろん何が正しいか、働きやすいか、生活しやすいかは、1人1人、家族ごとに異なります。この記事を読んで頂き、より楽しい人生、豊かな、幸せな毎日になる為に、ほんのちょっとでも、何かのヒントや考えるきっかけになれたら、本当に嬉しく思います!!

不安や不満やイライラがある時、私のブログを読んで少しほっとしたり、クスって笑ってhachitoみたいなやつもいるんだから俺も!!って思って頂けると本当にありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です