違和感と本当にありたい自分を考える




今日も自分自身を信じて、1歩1歩進んでいるhachito(はちと)です。皆さんは、自分自身の感覚を大切にしていますか?信じていますか?私は、違和感を感じた時は、一度立ち止まって自分の心と会話をするようにしています。例えばこんなケースの場合は、あなたはどう考えますか?

  1. 自分の信念に反する価値観や行動、でも短期的にお金を稼ぐ事が出来る事
  2. 自分が本当に価値間を感じるものや価値を生み出せる行動、でも短期的にお金を稼ぐ事が出来ない事

その時の状況によって、選択は変わるでしょうが、私はどんな状況下でも、自分自身の信念を貫いた価値ある行動を目指したい。もし、間違った選択をしてしまったら、真摯に反省して、心を洗濯したい。

スポンサーリンク

さぁ、ここで質問です。下記1、2に当てはまるものは何でしょうか?もし良かったら、私と一緒にちょっとだけブレイクして考えてみませんか?ぜひコメント欄に答えを残して頂けると大変うれしいです。

  1. 短期的には、成果がでないし、負荷がかかるが、中長期的には成果があがり、楽ができるもの、継続的な発展をしていくもの。
  2. 短期的には、成果が出て、負荷がかからないが、中長期的にも変化は無く、いつまでたっても楽ができず、発展しないもの。

 

 

答えは、いくつもあると思いますが、私は『後輩、部下の指導、人を育てること』人はなかなか育たない。聞いたことも忘れてしまう。でも大小の失敗と成功を経験して、習熟度が上がる。その間指導する方の負荷はかかる。自分の仕事に加え、人を育てる時間を必要とするから。ただ、人が育てば、自分が休む事もでき、自分がいなくても業務が回る。ワンランクアップした仕事にチャレンジすることができる。本質を理解して、視点を長期的に合わせる事ができれば、行動できる。

反対に、指導をせず、自分で対応しているだけの場合には、いつまでたっても楽ができず、休んでも他の方は状況をしらない、分からない。自分はいつまでたってもワンランクアップした仕事ができない。文句につながる…。これは、人を育てることの本質を理解せず、視野が狭い自分の仕事だけを考えている方に言えるかもしれません。

上司にこのような寂しい考えを持った方も多々いるでしょうし、『仕事に興味がない』、『好きじゃない』、『つまらない』なんてネガティブな事をいう人も多いですよね。上司のその発言を聞いた、チームの同僚や部下がどんな気持ちになって、モチベーションが同変化するのかも考えない人…とても残念ですが、マネジメント能力が無い方でも役職についてしまっているケースもありますよね。

違和感を感じたときには、1度立ち止まって、『本質』をきちんと考え、どういった行動が価値を生むのか。ライバルは競合他社(広い意味では仲間)であって、社内の人間ではない。社内で足を引っ張っていても、誰も得をしない事をきちんと考えて、勇気をもって行動してみてください。きっと、1歩前に進む事が出来ます。

大丈夫、自分自身を信じて!応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です