楽しく食べる計画を行動に移すしてみませんか?お好み焼き編




毎日食べる幸せを感じているhachito(はちと)です。皆さんは毎日楽しく食べられていますか?朝早くから遅くまで長時間働いている方は、朝は10分くらいで食べ、昼はスキマ時間に1人で何とかねじ込んで(もちろんゆっくり食べれる時もある)、夕飯は子供や奥さんが寝ているから、1人で22時過ぎに晩酌…なんて方もいるのではないでしょうか。 → これ、実は私のサラリーマン時代の生活です。本当に食にこだわるどころか、ゆっくり食べることも、家族と会話を楽しむこともままならない食生活でした…

さて、最近は時間的に余裕が出来たので、ゆっくりと時間をかけて美味しい食事を取れていて、とても幸せ!こんなちょっとした小さな幸せが、私にとっては前向きな姿勢と毎日のモチベーションにつながっているんですよね。でも、わかるんです。私もずっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっと経験していましたから、勤務日にはそんな余裕はないよって言う現実も。なかなか難しいですよねっ!でも『難しい』の3文字だけで簡単に片付けていては何も変わりませんよ。

ぜひ、楽しく食べる計画』を行動に移してみませんか?

たま~には、思い切って大好きな人(奥様、お子様、恋人、両親、友達等)とゆっくり、じっくり会話を楽しみながら楽しく食事を計画してみませんか?何もお金をかける必要はないと私は思うんです。必要なことはたったの3つだけ。

  1. 食事の計画(日程、予算、人、場所、内容)を立て、調整する。 → サプライズもいいですが、一緒に相談したり、考えたりするのも本当に楽しい。
  2. 晴れの日、雨の日プランを2パターン考える。 → 家の場合は不要ですが、バーベキューやキャンプなどの場合には、プランパターンを考えておくとスムーズですよ。
  3. To take action(行動に移す) → 考えただけでは、全くの0と一緒ですから…

最近家族でゆっくり話が出来ていないな~、楽しく食事が出来ていないな~って感じている方は、自分自身もご家族もきっとバランスが少し崩れている可能性がありますよね。もしかしたら、ご家族はもっとパパとゆっくり話しがしたい。楽しく食べたい。何でもない話がしたいと感じている可能性だってあります。パパも寂しいけれど、ご家族はもっと寂しい…かも。

スポンサーリンク

さて、私のお勧めの楽しく食べる計画』はNo.1はバーベキューなんですが、また別の機会にご紹介するとして、今回はもっとお手軽にできるホットプレートを使ったお好みやきをご紹介しますよ。この計画を成功させるポイントはご家族みんなで一緒に相談する、考えるですぞ~

それではhachitoと一緒に順を追って楽しく食べる計画を考えて見ましょうか。今回はご家族と実施する場合で考えますよ。

  • 日程 → みんなのお休みや調整出来る日を相談しましょう。この時、お子さんも一緒に相談することが重要です。
  • 予算 → こちらも皆さんで相談してください。アイディア次第で予算を高く豪華にしたり、工夫して予算を抑えたり。

ところでパパさん、『お好み焼きのもと』ってスーパーでいくら出売っているかわかりますか?私は、今まで妻に買物を丸投げ状態だったので、恥ずかしながらつい最近まで知りませんでした。産後の妻に代わってスーパーに通う回数が増える度に、新しい発見と買物の奥深さと大変さと楽しさを知る事ができました。お好み焼きのもとってメーカもあり、たこ焼きのもととか色々あってこれだけでまた、視野が広がります。知らない世界がまだまだあるんだって気づきます。

もちろん、家庭内にある強力粉、薄力粉などを使っても出来ますよ。強力粉?薄力粉?って何に使うんだっけっていうパパもいますよね。私もまだ勉強中です。知らないことは奥様を頼って聞いてみましょう。めんどくさいなって言いながらも嬉しそうに説明してくれますよ。これって会社の部下を頼る時も同じですよね。部下の方が能力が高いってこと多々ありますから。

スポンサーリンク

  • 人 → 参加するメンバー、今回はご家族ですよね。友達等の場合には、1ヶ月~3週間前くらいまでに計画を立てると良いと思います。
  • 内容 → 予算とアイディアの勝負ですよ。特に奥様の意見やお子様の意見を取り入れて上げると良いと思います。

お好み焼きの具材は、何を入れても良いんです。そう自由に考えましょう!!子供:アイディアは柔軟ですから、チョコやグミを入れるってことも話し合いで提案してきます。(もうすぐ3歳になる私の子供の場合)チョコは、、、まぁ良いかでもグミはな~なんて。奥様からはコスト削減案が出てきました。冷凍食品のseafoodを入れてはどうかと。私は、天かすの代わりにすっぱ美味しい『瀬戸内のり天』を提案しました。調整の結果、今回は妻の冷凍seafoodを入れる事に。お好み焼きの元も冷凍seafoodも家にあるため予算を抑えることに成功。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

さてそれでは、実際にお好み焼を焼いていきましょう。もうおわかりですね?ここでもパパやママが全てやるのではなく、お子様にもホットプレートにお好み焼きのタネを入れ、具材をバラマキ、ひっくり返す、切る、トッピングするを一緒に会話をしながら行っていくんですよ。笑いを取りながら…

  • お好み焼きのタネを準備し、ホットプレートに入れる。今回は先にseafoodを炒めようっか?

 

 

 

 

 

お好み焼きのタネを準備して、seafoodを炒めよう。

 

 

 

 

 

seafoodを炒めたら、お待ちかね。お好み焼きのネタを入れよう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人1つ入れていくとみんなで楽しい。子供も「あっち」っていいながらも、目をキラキラさせてホットプレートへお好み焼きのタネを入れていきました。この時、形を褒めたり、面白い形だったらゾウみたいな形だねって話したり、だるまさんかな?なんて言ってみたり。こうして文章にすると味気ないですが、料理をみんなワイワイ作っているライブではなかなか盛り上がりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、3つ、4つ入りました。しばらく焼いていこう~

 

 

 

 

 

お楽しみの具材トッピングですよ。みんなでアイディアを出し合って思いを込めた具材。入りましたか?我が家の今日の思いは『コストカット』でした。まぁ~そんな日もあります。

 

 

 

 

 

時間が立ってきたら、くるりとひっくり返すと,,,美味しそうな焼き目がバ~ン

 

 

 

 

 

チーズを載せ~の

 

 

 

 

 

紅しょうがをのせ~の(子供分以外)

 

 

 

 

 

出来上がり~の。あれれ?ソースとマヨネーズをかけすぎちゃっってるよ。美味しくペロリ。

 

 

 

 

 

第二弾のお好み焼き。今度はケーキ風お好み焼きだよ。

 

 

 

 

 

鰹節をたくさんのせて、頂きます~。本当に美味しい。みんなで計画するって、(内容を)相談するって、(具材等の)アイディアを出すって、(お好み焼きを)一緒に作るって、そして(心を合わせて)一緒に食べるって本当に楽しい。

今日のブログはいかがでしたでしょうか。普段本当に忙しいパパさん。重い腰をちょっと持ち上げて、楽しく食べる計画を勧めてみませんか?もっと奥様やお子様に頼ってはどうでしょうか?

ブログを読んで気になることや聞きたい事がありましたら、いつでもコメントをしてくださいね~。不安や不満やイライラがある時、私のブログを読んで少しほっとしたり、クスって笑ってhachitoみたいなやつもいるんだから俺も!!って思って頂けると本当にありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です