子育て

ドラッカーのマネジメントだけが仕事と家庭の悩みを解決してくれた

この記事では、仕事と家庭の悩みを解決に導いてくれた「マネジメント」について紹介しますよ。

仕事と家庭の悩みって本当にたくさんありますよね。

仕事を一生懸命に頑張れば頑張るほど、家庭での時間が減ってしまったり、家族と喧嘩してお互いにイライラしたり。

反対に家庭を大切にしようと思って、記念日などに18時に仕事を切り上げて帰ろうと試みるも急な依頼で残業をしてしまったり。

そんな毎日の仕事と家庭の悩みや不満を解消してくれるのがマネジメント(能力)です。

誰にだってできるマネジメントを学んでで仕事と家庭の悩みを解消していきましょう。




美味しく食べた後は、ダイエット。短期集中ダイエットならライザップがおすすめ

外食をお得に楽しむために、株主優待を活用しませんか。

Amazonプライムを活用して蒙古タンメンを快適に注文しちゃおう。

格安スマホに乗り換えて浮いたお金で何食べる?どこへ行く?

仕事に悩んでいたら転職サイトであなたの頭を整理してみよう。

マネジメントとは何か。

簡単に言うと会社(事業)や仕事、人、そして時間やお金など様々な要素を管理すること、そして成果を上げる役割をマネジメントと言います。

これからマネジメント能力をつけていくことで、仕事だけではなく家庭そして自分自身についてより良い結果を引き寄せる力となるでしょう。

 

私から仕事の悩みを解決に導いてくれた言葉(P・F・ドラッカーの文章)

私にとっては一生忘れることのできない言葉です。

働く者が満足しても、仕事が生産的に行わなければ失敗である。逆に仕事が生産的に行われても、人が生き生きと働けなければ失敗である。

出典:【エッセンシャル版】マネジメント 基本と原則 P.Fドラッカー

この文章を立ち読みで見つけた時に目からウロコ、心に衝撃を受けてこの本を手に取りレジへ進み、そしてマネジメントの虜になりました。

created by Rinker
¥1,800
(2018/10/20 19:37:15時点 Amazon調べ-詳細)

それでは当時実際に悩んでいた時の状況を見ていきましょう。

20代前半から30代にかけて私はサービス業に従事していました。

当時まだ結婚もしておらず独り身の為、大好きな仕事を早朝から深夜まで猛烈な社員として働いていました。

今思っても異常な働き方をしていた
朝7時から働き、気がつけば終電が終わり翌朝5時頃外が明るくなった時に帰ることもあった。

翌朝出社してくるスタッフに会ってから帰宅して、家で仮眠をしてお昼過ぎに出社することも多かった。

寝る時間が無いために、いつも1.5時間、3時間、4.5時間そして6時間の睡眠サイクルからできるだけ長いタイミングの時間サイクルを選んで眠りについていた。

当時社員フタッフとアルバイトスタッフの管理を任されていた私は会社の方針によって、売上の上がらない経営状況により人件費のコスト削減を指示されていました。

具体的言うと、アルバイトスタッフの勤務時間を減らし10万円コストダウンするということだ。

現在は最低賃金が950円程度へ増えててきているが、私が働いていた10数年前は800円前半の金額と大きく開きがありました。

つまり、10万円のアルバイト人件費から削減するためにはこうなります。(わかりやすく850円として計算しますね)

100,000円(コスト削減指示額)÷ 850円(アルバイトの時給)=約117時間

今までスタッフ全員で117時間も働いて稼げたお金が稼げなくなった。

そして、もともとローコスト(無駄の無い状況)で運営していたので、アルバイトスタッフの労力が減った分ほぼ全てが社員スタッフへ労働負担が移った。

[aside type=”warning”]社員スタッフは全サービス残業のブラック企業だった
人件費コストといえば通常社員スタッフとアルバイトスタッフ全てのスタッフからのコストダウンを考えますが、当時の会社の社員スタッフは全員サービス残業だった(残業を申請しても書き直すように指示される)のでコスト削減にはアルバイトスタッフの勤務時間を減らすしか方法が無かった。
[/aside]

これにより大きな職場環境に大きな変化が起こった。

ほとんどの方なら想像がつきますよね。

  1. アルバイトスタッフが辞めた。(他のきちんと稼げるアルバイトをする為)
  2. 社員スタッフが疲弊した。(通常でも残業が厳しかったが、減った117時間分の労働を社員数名で手分けして労働した為)
  3. 社員スタッフが辞めた。(公式には無いが、ストレスでうつ病のような状況になったスタッフもいた)
  4. 残った社員が更に残業を強いられて疲弊していく。
  5. 減った社員分をカバーする為にアルバイト採用を試みる勤務条件から良い(きちんとした)スタッフはすぐに見つからない。
  6. 社員スタッフとアルバイトスタッフ、そして社員間でもトラブルや言い争いが増えて働く環境(ES:従業員満足)が悪化して体調も崩してしまう最悪の状況となった。

アルバイトスタッフの研修について

良い人が見つかったとしても研修を約1ヶ月してから現場に入る為、その間研修の為に猛烈に残業を強いられているスタッフへさらなる残業が増える事となる。

また、例え現場に出ることができる状況でも不慣れな点も多く、スタッフのフォロー、確認、指導などに時間がかかる。

社員スタッフ自身も本当に極限まで働いていて余裕が無いため、ミスを笑う余裕もなく責めてしまうことも多かった。

結果:まさに負の連鎖。毎月10万円の為に、アルバイト歴1年以上のスタッフを減らし、社員スタッフの残業を増やし、体調を崩し、組織、チームの働く環境を最悪にした。

created by Rinker
¥1,944
(2018/10/20 19:37:16時点 Amazon調べ-詳細)

はっきり言って、当時の会社は社員スタッフもみな若く、お金よりも社会の為、お客様の為にといったやりがいを支えに仕事に取り組むスタッフが多かった。

その為、自分の給料が減ることよりも、経営状況によって受けるダメージを目の当たりにして、ショックを受けていました。

つまり、経営状況が悪くなることで、コストカットにより大切な仲間が辞めていくことや、チームの状況が悪くなること、何よりもお客様を笑顔に、安心させられるチームとして共に働くスタッフがいなくなる現状に喪失感を強く覚えました。

もちろん私もスタッフを管理する立場としてものすごく悩み、毎日胃がキリキリと痛み背中や肩の筋肉もカチコチに固まった状態でなんとか過ごしていました。

新しい店長のマネジメントがチーム、会社を変えた

会社、チームとして最悪な状況が続くなか、店舗の新しい店舗トップ(マネージャー)が入ってきた。

新しいトップは、同じ業界から転職された方でした。

年齢と性別は関係ありません、優れたリーダーは誠実であり、行動に移す勇気を持ち、マネジメント能力があるんです。

この方こそ、私が社会にでてから人生で一番良い影響を受けた尊敬できる方なんです。

その方からマネジメントを仕事の実践を通じて学びました。

その方の歓迎会での言葉がなんだか耳に引っかかって今でも強く残っています。

当時はものすごい忙しかったので、歓迎会やるくらいなら寝させてくださいという心の叫びを押し殺して参加していました。

新しい店長は自己紹介での言葉、「私はマネジメントが得意なのでなんとかこの厳しい環境を変えていければと思っています。」と話をされました。

この人、マネジメントを知っているの?

ドラッカーのマネジメントの本を買っていた私は、新しいトップに興味をいだき絶対にマネジメントに協力してチームの雰囲気を復活させると心に決めました。

店舗トップが考えたたった1つのことは、「働く環境を整えよう」

働く環境を整えよう。

能力も行動力もある若いスタッフが多いので、あとは働く環境を1日1日改善するだけで人、チーム、組織、会社は絶対に変わると確信していたそうです。

店長が入社して約1ヶ月でチームの雰囲気は大きく変わり、活気が出てきました。

そして、それから1年以上に渡りチーム状況・働く環境を向上させながら予算を達成し続けました。

1ヶ月前のチームがこれだけ良くなるとは誰が予想しただろうか。

実は、この店舗トップが入社する前に状況を変えるべく3人の店舗トップ候補が来たのだがチーム状況を好転させることはできなかった。

それではなぜ、この店舗トップが人、チーム、会社を好転させることができたのか。

そう、それがマネジメントだったんです。

スタッフの給料が増えたわけでも無く、マネジメントのちからを使って働く環境を整えただけ。

適正な労働時間、適正な人配置、アルバイトや社員の人件費と売上、予算の管理、そして発展していくお店のお客様を満足させられるサポート体制を計画的に築き上げた。

その結果が、働くみんながやりがいと誇りを持って働ける環境。

当然お客様も良いサービスを受けられるのでお店は繁盛しますよね。

悩みをじっくりと考えて、マネジメントを学ぶには最強の教科書です。

created by Rinker
¥1,800
(2018/10/20 19:37:16時点 Amazon調べ-詳細)

漫画だと楽しくわかりやすくマネジメントを学べますよ。

チームを好転させた店舗トップが取った具体的な内容

「働く環境を良くする」という目標を達成するために、店舗トップはこんな行動を起こします。

  1. アルバイトスタッフの勤務時間を117時間増やした(正確にはもとに戻した)
  2. 社員スタッフの残業を減らした。
  3. 判断は3秒であとはスタッフへ任せた。
  4. 家族の一員として社員スタッフ、アルバイトスタッフを愛し、指導し、褒めた。そしてプライベートでのつながりを増やしていった。
  5. 10万円は無駄を削減させることで達成し、広告やスタッフにはきちんと適正コストをかけた。

それでは、具体的に1つ1つの項目を見ていきましょう。

アルバイトスタッフの勤務時間を117時間増やした(正確にはもとに戻した)

アルバイトスタッフについては、勤務時間を117時間に増やす(戻す)ことによってスタッフのモチベーションも上がり、勤務時間が増えたことで業務の習熟度もましてチーム・組織力の向上につながった。

きちんとしたアルバイトスタッフが育っていくと、新人アルバイトスタッフが入社しても社員スタッフが手の届かない、時間がないときでも研修のフォローや現場での実務をきちんと指導したり、フォローしてくれるので少しづつ良い組織に成長していきます。

アルバイトスタッフの時間が増えると、お客様とのコンタクトが増えるため店舗に活気が溢れ出ます。

活気が活気を呼び、お客様もスタッフも楽しい時間を過ごすことができます。

社員スタッフの残業を減らした。

リーダー

社員スタッフに振りかぶってきていた117時間分の労働を取り除くことで、精神的なプレッシャーを取り除き、自分たちを守ってくる人がいてくるという安心感を店舗トップの勇気ある行動からもらいました。

ただ後日、店舗トップからは、別に勇気ある行動ではなく、マネジメントに基づく普通の行動をしただけと話をしてくれました。

残業が減った分、きちんと睡眠を取ることができ、元気な状態で勤務できる環境に戻ってきました。

きちんと睡眠が取れると、表情も明るくなり社員感のコミュニケーションも改善し、アルバイトスタッフへの指導や配慮も行き届くように変化していきました。




判断は3秒であとはスタッフへ任せた。

マネジメントに基づき、質問に対する判断はたった3秒。

すぐに回答できない案件は1ヶ月で1件あるかないか。

判断のスピードが早いので、仕事が止まらないでどんどん流れていく。

スタッフは判断された内容でどんどん仕事を責任持って薦めていく。

そしてまた悩んだら相談し、方向修正。

仕事のボトルネックも解消されて、チームの仕事が好循環になっていった。

created by Rinker
¥1,728
(2018/10/20 19:37:17時点 Amazon調べ-詳細)

スタッフ全員と家族のように接してプライベートでのつながりを増やしていった。

どうして働きやすい環境を作ることを目指したのか、そしてそのコツはと私が店舗トップへ質問を投げかけた。

答えは、「スタッフ全員と家族のように接すること」と答えて、だってさみんな家族・家庭よりも多くの時間を会社で過ごして頑張ってくれているじゃん。

だったら、その時間をちょっとでも楽しく過ごしてほしいから。と笑顔で答えた。

その答えと店舗トップの顔を見て、マネジメントの極意はここにあると深く関心した。

マネジメントをすることは、仕事面でも家庭でも自分自身においても重要なことだと確信しました。

created by Rinker
¥1,800
(2018/10/20 19:37:16時点 Amazon調べ-詳細)

予算は10万円は無駄を削減させることで達成し、広告やスタッフにはきちんと適正コストをかけた。

店舗トップは、店舗予算のトータルで考え、決して人件費だけを考えてコスト削減しなかった。

人件費を10万円削減しても、無駄な経費を10万円削減してもトータルの予算達成には同じだから。

お金だけ見ると代わりはなくても、人については非常に難しいということを考えていかないといけません。

お金で変えるものはランクを下げたり、無名なブランドにすることで代えはききますが、スタッフ管理は1日ではできないんですから。

また、店舗トップはコスト削減だけを考えるのではなく、むしろコストアップ(広告費、スタッフ)を考えることで売上をあげて利益を上げていきました。

これがまさにマネジメントだ

人件費10万円のコスト削減だけを考えて負のスパイラルへ陥った過去とは対象的に計画的にコストアップさせることで、事業を成長させた店舗トップのマネジメント力を私は今もわすれません。

具体的な好循環はこんな具合だ。

  1. 広告費にお金をかけると、お客様が増える。(コストを増やす)
  2. お客様を対応できるようにスタッフを計画的に増やす。(コストを増やす)
  3. お客様もスタッフも増える活気がでる。
  4. 活気が出ると売上が上がる、利益が増える。(売上・利益がコスト増よりも増える)
  5. 社員やアルバイトスタッフの給料が上がる。(増えた利益を還元できる)

お客様が増えるとともにスタッフ人数が増えて、給料も上がり、休むこともきちんとできる本当に働きやすい環境をマネジメントしてくれました。

マネジメントって本当にすごいなと感じました。

店舗トップの仕事術

  • 目先の利益 < 長期的な経営

売上が上がらないからと一時的な人件費削減をするのではなく、スタッフが成長する時間やコストも考えた上での判断をした。

目先の10万円でなはく、3ヶ月先の300万円を取りに行く準備と計画をスタッフ全員と共に行動に移した。

  • 休憩を1時間きちんと取る、外で食事をする

仕事が忙しいと昼食を10分で済ませて自分の仕事をするのが通常だった組織にNOを突きつけ、きちんと1時間の休憩を取ることを自ら行動で示した。

しかも店舗内で仕事をしながら食事をすることが通常になっていた異常事態から抜け出して、外食をする姿を社員スタッフに示しました。

本当の姿とはこうあるべきということを本当に行動と口頭で示してくれる店舗トップ。

店舗トップが変わると本当にこんなにも変わるのかと思うことが多い。

その中でも有給や休憩、休日出社についても来て当たり前ではなく、どうしてもしょうがない時には「ごめん、休日に対応してもらって本当に助かるよ」と毎回一言があるだけで、スタッフの意識と行動は代わってきます。

created by Rinker
¥1,404
(2018/10/20 19:37:17時点 Amazon調べ-詳細)

店舗トップがきちんと休憩を取ってるんだから、みんな休憩を取って良いんだという、当たり前のことが当たり前に行動に移せる職場環境に変化しました。

そうすると、今まで10分で昼食を済ませていたスタッフはどうしたか。

皆さんはイメージが付きますか。

  • 休憩しているアルバイトスタッフと談笑するようになった → 社員とアルバイトスタッフとのコミュニケーションがアップ。働きやすい環境へ
  • 休憩時間を使って本を読む、勉強するようになった → 1日30分×22日=11時間(1ヶ月)、132時間(12ヶ月)=16.5日勤務分(8日分)が勉強に当てることができます。

スタッフの成長は、企業にとってもチームにとってもそしてお客様にとっても好循環を呼びますよね。

もちろん、疲れている時は仮眠を取ることだってできるようになりました。

  • 仕事のスピード

とにかくスピードが早い。

ビジネスではスピードが本当に大切ということを身をもって示してくれた。

3秒判断もそうだが、仕事を貯めない。

そして、残業をせずに誰よりも早く帰る。

でも変える前には絶対にスタッフみんなに向かって「何か困っていることある?」と声をかけて、残業が多いスタッフへは「何か手伝えることはないかな」と声をかけてくれる。

実際に手伝うこともあるが、実際はスタッフが自分で行動を起こすこと、時間をかけて業務に当たることで習熟度が増すと考えていたのか、良く仕事を任せてくれた。

でも一言かけてくれるだけで、認めらてたように感じて安心して働けた。

created by Rinker
¥1,566
(2018/10/20 19:37:18時点 Amazon調べ-詳細)

  • 判断力

判断は3秒。間違ったら気づいた時点で修正。

お客様にとって必要なもの > 毎日必要なもの > イレギュラーなもの

経営を考える上で絶対にお客様に必要なものは例えいくらだとしても3秒で決断をしていた。

稟議、相談などの間にもお客様は困ってしまう。

これくらいの覚悟と行動力を兼ね備えた上でマネジメントも発揮できると本当にスタッフは働きやすい。




  • 間違えや問題を修正する能力

スタッフや自分が計画を立てて起こしたプランに間違えや問題が発生したら、すぐに修正する。

あちゃ~失敗しちゃったよ。でも想定内の範囲で軌道修正していくだけだから、翌月からの行動プランを見直すきっかけになる。

  • 視野を広く。単月だけではなく3ヶ月、半年、1年間、3年間と長期的に経営を捉える

スタッフの人件費10万円のコストダウンでは、目先の利益確保の為にその後半年以上に渡って苦しい経営状況を抱えてしまった。

コスト管理も本当に必要だが、短期的に見るのではなく、中長期的に見ることのできる広い視野を常に持った上で短期的な動きを捉えることが重要。

  • コスト管理(トータルで考える)

1つの品目だけではなく、全体で予算達成ができるように視野を広げることができれば、どこにコストと人的資源をかけて、どこにコストを削減するか、運営上の適正な数字が見えてくる。

  • 新しいアイディアで市場を開拓

毎回同じような内容のサービスやプランではなく、今まで誰も考えなかったようなプランや考え方、方法を毎回少し(小さく)取り入れる。

3ヶ月、6ヶ月などの定期的なタイミングで新しいことにチャレンジする。

その成功も失敗もスタッフの糧となり、成功した場合には本当に新しい市場を開拓して業界を盛り上げていくきっかけにしてしまう。




  • 発想の柔軟性

新しいアイディアは、仕事場だけではなく、家庭からも生まれると話していた。

これはプライベートでの体験(長期旅行や恋人、家族との時間)だけではなく、きちんと仕事で成果を出して早めに帰り勉強をして色んな業界や世界中でのアイディアを自社に取り入れる勉強と努力を毎日しているからと店舗トップは話していて、みんなにもお昼休憩だけではなく、夜のプライベート(遊びも勉強)も大切にして欲しいと願っているんだよと飲みながら語ってくれたあの顔を今でも私は忘れません。

  • 時間管理

時間もきちんとコントロールしていた。

残業は基本なし、スタッフの負荷を調整して時には自分からスタッフの作業を手伝いチームのバランスも保っていた。

スタッフも無駄な残業や深夜残業を無くし、自分の時間を活用する方法を学んでいきました。

時間を有効に活用することで、スタッフの成長、更には顧客満足を達成し続けた店舗トップは、長期的なスタッフの成長とお客様の満足度の継続を心のそこから望んでいたのだと思います。

  • コミュニケーション力、謝る、頼る、人としての人間性

どんなスタッフに対しても高圧的になることもなく、安心感を与えてくれる店舗トップ。

ただ優しいだけではなく、自分が間違ったことや悪かったことは素直に謝る人間性。

そして、自分よりも詳しい者を頼ったり任せてくる器量がスタッフの信頼を得ていたのだと思います。




まとめ

マネジメントという言葉をどこかで聞いたことあると思いますが、どんなものか何かがよくわからないという方が多いのも事実。

今回は私がマネジメントの実体験を例に上げてマネジメントについて説明させていただきました。

ぜひマネジメントに関連する本を読んで、仕事現場で実践しよりより毎日を過ごすきっかけにして頂ければ本当にこの記事を書いて良かったと感じます。

まずは、マネジメントをきちんと勉強しましょう。

created by Rinker
¥1,800
(2018/10/20 19:37:16時点 Amazon調べ-詳細)

漫画だと楽しくわかりやすくマネジメントを学べますよ。

マネジメントに関わるヒントをこちらのシリーズからも学びました。

ストーリーで描かれているので自分が本の中の主人公になった気持ちで一気に読むことができます。

きっと新しい発見で目からウロコですよ。

美味しく食べた後は、ダイエット。短期集中ダイエットならライザップがおすすめ

外食をお得に楽しむために、株主優待を活用しませんか。

Amazonプライムを活用して蒙古タンメンを快適に注文しちゃおう。

格安スマホに乗り換えて浮いたお金で何食べる?どこへ行く?

仕事に悩んでいたら転職サイトであなたの頭を整理してみよう。

おすすめの本

created by Rinker
¥1,728
(2018/10/20 19:37:17時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,728
(2018/10/20 19:37:18時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,642
(2018/10/20 19:37:18時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,296
(2018/10/20 19:37:20時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
hachito909
スポーツライター。 子育て(2人)も生活も仕事もどれも思いっきり楽しみたい。大好きな時間で人生を作っています。 今しかできないことを思いっきりやってみませんか?
Translate »