ねるねるねるね知育菓子で子供と一緒に遊びながらお菓子料理を楽しむひと時が人生に心の余裕をもたらす。

こんにちは、はちとです。

この記事では、知育菓子の『ねるねるねるね』について紹介しますよ。

短い時間でお子様と触れ合う大切なひと時にどんなアイテム(おやつ、外出、ご本、おもちゃ)を使うか迷いますよね。

そんな時、アイテムの迷いを解消するのが『ねるねるねるね』です。

『ねるねるねるね』で子供と一緒のひと時を楽しんで、人生に心の余裕をもたらしましょう。

ねるねるねるねの基本情報

ねるねるねるね』は自分が子供の頃から、テレビのコマーシャルでやっていて楽しみながら作っていたのを思い出します。そこには両親の笑顔があり、私の心の中にいつでも引き出す事ができる楽しい思い出として残っています。

実は『ねるねるねるね』が誕生したのは、1986年なんですよ。30年以上も前から知育菓子を世界中に届けてくれているんですね。粉の状態のお菓子が水と混ぜると膨らんだりする様子や色、味を楽しみながら体感できるのは今でも画期的ですよね。

お菓子は食べるだけではないんです。楽しむ、驚く、試すという事も大切な要素なんですよね。

『ねるねるねるね』を販売しているクラシエフーズ株式会社はサイトでも楽しめる工夫をされていますよ。ぜひねるねる研究室もご覧くださいね。



ねるねるねるねの作り方

 

三角形のトレーで水を1杯分入れますよ。

続いて粉を入れていきますよ。

まずは1番めの粉をいれて、ねるねるねるね。

すると色が黄色くなりました。でも、保存料や合成着色料は使用しておらず、お子様に安心して食べてもらえる商品なんですよね。続いて2番めの粉を入れていきますよ。

ねるねるねるね。スプーンでよく混ぜます。

膨らんで色も変化しました。楽しい。子供もとっても不思議そうな顔をして、喜んでいます。

パチパチと音がするトッピングを入れますよ。

トッピングをつけて食べます。口の中で甘さとパチパチという音と食感が広がりとっても楽しくて、美味しい。

新しい粉を入れていくと、味がかわりますよ。これもとっても不思議。どんな味に変化するかは、ぜひお子様とご一緒に楽しんでみてくださいね。



まとめ

ねるねるねるねを昔作ったなというパパさん、ママさんは多いのではないでしょうか。子供が喜ぶのは、パパ、ママと一緒に楽しい時間を過ごすことなんです。別に高級なレストランで食事をすることが子供にとって楽しいとは限りません。身近で、楽しめる工夫をしていくと子供の笑顔をたくさん見られると思います。

そして、クラシエフーズさんの『ねるねるねるね』は知育菓子に取り組んでいて他にもとっても面白い商品を販売しています。下記に紹介しますので、どうぞごゆっくりごらんくださいね。

ちなみに、1つ1つ完璧にやろうとせずに、『とにかく楽しむ』という事を最優先にしてくださいね。粉の順番を間違ったり、水を入れすぎても子供を叱らずに、笑って楽しんじゃいましょう。その笑いが人生の心の余裕に変わるまで。

 

今日は何屋さんに変身しますか?レッツクッキング。

シンプルなこちらもお勧めです。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.