プログラミングカー(学研)で遊びながら楽しく学ぼう3歳からのプログラミング





こんにちはhachito(はちと)と3歳の娘です。

この記事では、3歳の娘と学研のプログラミングカーについて紹介しますよ。

2020年から小学校でプログラミングがで必修化されますよね。

でもプログラミングって聞いたことはあるけれど、良くわかなくて不安がある。

このプログラミングカーは、そんなパパママの不安を取り除き、子供と一緒に遊んで解決できる楽しいアイテムなんですよ。

ぜひ3歳からのお子様と一緒に遊びながら楽しくプログラミング学習をしてみませんか?




プログラミングカーの基本情報

プログラミングカーを作っているのは、学研グループ株式会社学研ステイフルという会社。

学研グループで主に文具・玩具・雑貨等の製作販売してる会社です。

このプログラミングカーは、なんと「日本おもちゃ大賞2018 エドゥケーショナル・トイ部門」を隠したアイテムなんですよね。

私は日本おもちゃ大賞自体知りませんでした。ボーイズ部門、ガールズ部門など他の部門も氣になりますよね。

ぜひ一度日本おもちゃ大賞のページをご覧くさいね。おもちゃに迷ったらとても参考になりますよ。

created by Rinker
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)
¥4,507 (2018/07/15 20:08:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

3歳の娘も一度私が説明して、やり方を見せると驚きと不思議な気持ちと楽しさが混じった感情を笑顔と大きな声を出して表現してくれましたよ。

楽しいこと、大好きなこと、面白いことは、学習する上で本当に重要な要素ですよね。

これは、ディズニー英語とも通じますし、我が家の家訓「楽しいことはおかわり自由」に通じます。

楽しい、面白い、好きと感じた娘は、自分でどんどん遊びながら、失敗したり、成功したりを何度も繰り返してプログラミングカーにチャレンジ。

本人は知らないうちに夢中になってプログラミングカーを使ってプログラミングを体験・学習しているのでした。



プログラミングも英語も子供の視野と価値観を広げてくれる本当に良いものだと私は考えています。

ディズニー英語プログラミングカーも子供が勝手に1人遊びながら知らないうちに身に着けていく本当にありがたいアイテム。

子供に無理に嫌いなことや暗記学習を大人の価値観で押し付けるのではなく、本人に合った楽しく遊べる・取り組めるものを見つけて試していき、子供の可能性と想像の扉を広げてあげたいと私は考えています。

プログラミングカーは、忙しいママやパパにもとってもおすすめしますよ。

お子様と一緒に遊ぶ時間を楽しむのも良いですし、スキマ時間を使ってご自分の大好きなことに時間を使うこともできます。

created by Rinker
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)
¥4,507 (2018/07/15 20:08:50時点 Amazon調べ-詳細)

プログラミングカーの遊び方

手順1:冒険マップを広げてスタート場所とゴール地点を決めよう

余裕があれば、スタートからゴールの間にストーリー(課題)を入れてイメージを膨らませてみましょう。

例)スタートしてお友達を車に乗せて(ストーリー1)、ハンバーガー屋さんで昼を食べて(ストーリー2)から、遊園地(ゴール)に行く。

冒険マップ

手順2:スタートからゴールに進むための道のりを決めよう

created by Rinker
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)
¥4,507 (2018/07/15 20:08:49時点 Amazon調べ-詳細)

手順3:決め道を進むための命令を考え、オレンジの命令カードボードへカードを並べる

実際に手で車を進めたり、戻したり、左に方向転換したり動かしながらお子様と一緒に考えていきましょう。

手順4:車の電源ボタンをONにする

手順5:並べた命令カードボード通りに命令タグをステージにかざして登録しよう

間違えても大丈夫だよ。
命令タグを間違えても、命令を削除できるから安心してね。

手順6:スタート地点に車を置く

冒険マップのシワをきちんと伸ばしておくとスムーズに車が動きますよ。

created by Rinker
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)
¥4,507 (2018/07/15 20:08:50時点 Amazon調べ-詳細)

手順7:車の命令実行ボタンを押す

友達を車に乗せて、遊園地に遊びに行こう。(ストーリー:お友達を乗せる、ゴール:遊園地)

動いた、動いた。楽しい。

プログラミングカー

あれれ?上に上がってしまったよ。

失敗しちゃった。でも大丈夫、もう一度トライしよう。

プログラミングカー3

やったね、お友達と一緒に遊園地までプログラミングカー走らせることができたよ。

プログラミングカー4

手順8:車の通り道とストーリーはどうでしたか?

失敗したら、何が足らなかったのか、どうすれば良いのかをお子様と一緒に考えながら何度もやり直して見ましょう。

成功したら、お子様の頑張りを思いっきり褒めてあげましょう。そしてパパママも一緒に喜びましょうね。

頭で考えたことが目の前で実際に動きとして成功する楽しさを何度も味わいましょう。

手順8(応用編):成功したらどんどん問題を難しくしてみましょう。

忘れてはいませんか?
お子様が上手くいかない時にすぐに手を出して助けてしまったり。

すぐに何でできないのと怒ってしまったり。

大切なのは、お子様のペースで楽しむこと。

楽しみながらお子様は一生懸命考えています。

一生懸命にことばで説明しようとしています。

一生懸命にやり抜こうと何度も自分のペースでチャレンジしています。

自分の頭で考えた内容と気持ちをプログラミングカーに乗せて走らせています。

created by Rinker
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)
¥4,507 (2018/07/15 20:08:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

プログラミングカーで学べること

  1. やり抜く力
  2. ことば化する力
  3. 論理的に考える力

やり抜く力

失敗しても、何度も何度もチャレンジしたくなる気持ちを寄り添ってサポートしてあげましょう。

小さな成功をたくさん体験させてあげましょう。

ことば化する力

3歳だとまだひらがながほとんど読めないのではないかもしれませんね。

私の娘も実はまだひらがなをほとんど読めませんが、ただ、自分の名前に使われているひらがなはわかります。

まえ、みぎ、うしろ、ひだりなど何度も使うひらがなから覚えていきましょう。

車の道順やストーリーをお子様と一緒に考えながら、たくさんコミュニケーションを取ってあげましょう。

お子様が大好きなパパママと自分の意志と言葉で会話を展開・表現する経験は一生の宝となるでしょう。

論理的に考える

具体物(プログラミングカー、冒険マップ、命令カード、命令タグ)を使い答えを導く過程で発見や認識のズレ(失敗)がはっきりと見えますよね。

失敗体験と成功体験と何度も繰り返しながら改善するため必要な思考整理。

思考を整理することの繰り返しで論理的に考える習慣を遊びながら身につけていきましょう。

created by Rinker
¥2,052 (2018/07/16 00:15:10時点 Amazon調べ-詳細)

プログラミングに興味を持っているパパママへおすすめ

プログラミングに徐々に興味を持ってしまったら、それはあなたにとって、本当に良いことです。

好きこそものの上手なれということわざもありますが、好きなことにチャレンジしていくパパママをお子様はしっかりと見ていますよ。

未知の世界でも、思い切って始めてみましょう。

お勧めの本

お薦めのオンライン学習

忙しい日々で学ぶことを飽きらめていませんか。

大好きなことや興味をもったことについて、家で通勤電車の中で、スキマ時間を使って学んでみませんか?

オンライン学習なら手軽に時間を選ばずに自分のペースで好きなことを学ぶことができるんですよ。

そう、興味をもったことの勉強をやるかやらないかはアナタ次第。



世界最大級のオンライン学習サイトUdemy
◆───────◆───────◆───────◆
[PR] スキマ時間で仕事に差がつくスキルを学ぼう
Udemyのオンラインコースで!
世界最大級のオンライン学習プラットフォーム
◆───────◆───────◆───────◆
データサイエンス、Excel、マーケティングの人気コースがオンデマンドで。
オンラインだからすぐ始められて、いつでもどこでも学べる。

注目の講座が今ならセール中!

▼▼▼ コースを詳しく見る ▼▼▼
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZJA31+1QIK2I+3L4M+64Z8Z

◆───────◆───────◆───────◆

オンライン教育のUdemy



オンラインブートキャンプ はじめてのプログラミングコース



 お子様の興味を広げるオンライン学習もとってもおすすめ

お子様も自宅でゆっくりとプログラミングについてきちんと学ぶこともできるんですよ。



オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

まとめ

3歳から楽しく学べるプログラミング体験のプログラミングカー。

お子様の視野や興味の扉を一緒に広げてみませんか。

プログラミングという不安の扉を1㎝だけ開いて、あなた自身の不安を解消しませんか。

これから(2020年から)は、プログラミングは小学校で必修化され、誰でもがプログラミングを当たり前に学ぶ時代になります。

難しく考えずにまずは、おもちゃで体験してしまいましょう。

きっとプログラミングに対する不安が興味に変わると思いますよ。

created by Rinker
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)
¥4,507 (2018/07/15 20:08:50時点 Amazon調べ-詳細)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください