東京でビール見学をするなら、恵比寿駅にあるエビスビール記念館がお勧めです!!




こんにちは、はちと(hachito)です。今日は、THE BEATLESの『OB-LA-DI,OB-LA-DA』を聞きながら、アップテンポにブログを更新していますよ。音楽共にコーヒーを飲んで、大好きなブログを書くって幸せな気分ですよ。

さて、みなさん最近自分一人で大好きなことに没頭する時間を作れていますか?無理にとは言いませんが、自分の人生ですから家族がいたって、仕事があったって、お金がなくたって、時間がなくたって、自分の好きなことやっちゃえば良いんですよ…と私は考えています。

私は、ビールが好きなので最近はビール工場見学に行ってビールについて勉強をしてきましたよ。やっぱり好きなことをするのはとっても楽しい。そして今日は東京の恵比寿にあるエビスビール記念館のエビスツアーをご紹介しちゃうよ。もしビール好きな方がいたらぜひお一人で、もしくはご家族で実際に見学してみてくださいね。私は絶対お勧めしますよ。サッポロビールの本社ビルに併設されているのが、エビスビール記念館なんですよね。

恵比寿駅からエビスビール記念館へ

恵比寿駅から、約5分程度でエビスビール記念館へ到着できますよ。動く歩道「スカイウォーク」がありますが、途中にCMで見慣れている広告がたくさんあり、徐々にテンションを上げてくれますよ。

  • 丸くなるな★星になれ、大人の★生.『サッポロ生ビール黒ラベル』 妻夫木聡さん
  • この上ない秋の美味。琥珀恵比寿とマリアージュ。『Premium YEBISU新・琥珀ヱビス2017(秋・冬期間限定)』滝川クリステルさん
  • The Gold Time 『麦とホップ』岡田 准一さん、リリー・フランキーさん、栗山千明さん
  • 夏は、極キン 『極ZERO』三村 マサカズさん,桐谷 美玲さん

しかし、良いCMやっていますよね。本当にビール(発泡酒、新ジャンルも)が飲みたくなっちゃうCM。素敵です。

三越の中を通り抜けてエビスビール記念館に入るのがわかりやすいそうなんですが、私はなぜか迷ってしまって、敷地外へ出てしまった。。。(*´∀`*)あれ?

そしてまたエビスビールガーデンプレイスの入り口に戻ってきたらありました。地下にあるんですよね、エビスビール記念館。みなさんは、しっかりと地図をみてご見学くださいね。まぁ~間違っても人に聞けば優しく教えてくれますからね。

エビスビール記念館の入り口には、こんなに大きい缶ビールの模型がありましたよ。

エビスビール記念館内の様子

エビスビール記念館に入るとすぐに目に飛び込んでくるのがこのYEBISUビール缶でできた大きなYEBIS缶の模型。この遊心大好きっす★

そして、恵比寿様のご登場です。

奥に見えるのが過去に実際に使っていたビールの仕込み釜です。とっても大きくて近くで見ると迫力があるんですよ。この釜の中で昔ビールが生まれていたんですね。ビールの製造工程や歴史についてもツアーで教えてくれますよ。

見学(ツアー)の受付

ヱビスツアーは500円の有料です。テイスティングが2杯できます。私がツアー参加した日2017年9月はエビスビール、琥珀ヱビスの2種類でしたが、時期によって異なるようです。きっと琥珀ヱビスは秋冬しか飲めないのかもしれないな。

受付を済ませるとスタート時間まで恵比寿様が微笑むこちらの大きな看板の下でゆったりとくつろいでまちます。

普段ブランドにはあまりこだわらない私ですが、サッポロビール千葉工場(黒ラベルツアー参加)見学後だと余計に『YEBIS』というブランドに高級感とブランド力を感じます。なんせ、YEBISという1つのブランド名が恵比寿という駅を作り、恵比寿という町を作っていった歴史を感じます。

サッポロビール工場見学(千葉)が家族レジャーにとってもお勧め

2017.10.06

キリンビール横浜工場(キリンビール発祥の地)も最寄り駅が『生麦(なまむぎ)』駅という事も素敵なストーリーですよね。狭い視野で考えると競合他社は(例えばサッポロビールさんとキリンビールさん)は売上を競うライバルでありますが、広い視野で考えるとビールという市場を共に活性化させる、ビールの楽しさ、美味しさ、幸せなどを提供することができる仲間、同士でもありますよね。

週末のお出かけ迷ったら、『キリン ビール横浜工場見学』がレジャーにお勧めです。

2017.10.04

キリンビールさんが出たので、サントリービールさんも登場です。サントリービールの武蔵野工場も東京にありますよ。恵比寿からだと電車で40分くらいでしょうか。

家族レジャーにお勧め。サントリービール天然水の武蔵野工場見学、楽しくプレモル勉強ができるよ。

2017.09.29

 

エビスツアースタートです。

ツアーガイドさんが、歴史ある品々の前で説明を丁寧にしてくれます。こちらの記念館ですが、実は無料で見ることができます。

歴史をかんじますよね、着物の女性とビール瓶。きっと昔はこのような光景が広がっていたんだろうな。建物は、日本初めてのビアホールの模型です。

さてここで問題です。こちらの写真は何を意味しているかわかりますか???結構深い意味があるんですよ。私は当日初めて知りました。

実は、戦争中は、ビールのラベル、ブランドなどを国が管理して、販売ではなく配給制となっていたそうです。戦争が終わり、復興し始めてやっとエビスビールがお客様の声により、復活したそうです。今では考えられませんが、ブランドの撤廃されていた当時の模型がこちらです。

サッポロビールさんのエビスビールだけではなく、他社(昔は150社ほども合ったそうですよ)も同様に同じラベルを張って配給されていたそうです。暗い歴史と当時の方々の思いと歴史が今のビールを作っているという事を知った時、今の美味しいビールが手軽に飲める状況に本当に感謝しました。

もう一つガイドさんの説明で興味深かったのが、ビールが出始めた頃はなかなかの高級品で庶民には手が出ない存在だったという話を聞いたときでした。ちょっと年代は忘れてしまいましたが、ビール瓶の値段がなんが現在のお金の価値で約3,000円~4,000円程度だったそうです。スーパーで買えば今だと10本以上買えてしまいますよね。

昔、ビール瓶1本のお金で、そば約10杯が食べられたそうですよ。ビールを広め、ビールの市場価値を高め、広げてくれたエビスビールに関わる全ての方に感謝の念を覚えました。

その他にも色んな時代によって、色んな形のビール瓶などがありました。

今は家庭でビールを飲む時に瓶ビールを飲む機械が減ってきましたが、さて問題です。この4つのビール瓶の中で仲間はずれがいます。どの瓶でしょうか。ちょっとだけクイズにお付き合いくださいね(*´∀`*)

正解は、緑色の瓶なんです。なんとビール瓶の技術革新によって機械でビール瓶を製造できるようになったのが緑色の瓶です。それまでは職人さんが1つ1つビール瓶を作っていて形が微妙にそれぞれ違ったそうです。そんなことちょっと想像できませんよね。ビールの歴史を学べて本当に嬉しいですよ。

続いて広告は広告です。

こちらの広告何かがかけてませんか?またまた考えてみてくださいね。

実は、ビールの広告なのにビールの絵が使われていないんです。それだけYEBISUというブランドが浸透している証拠なんですって。凄いですよね。

こんなにたくさんの展示品があり、YEBISビールシリーズも種類が増えました。さてみなさん、『ラッキーエビス』って聞いたことありますか?ビール瓶限定で100本に1本の割合で恵比寿様の絵に魚が2匹見えるラベルがあるらしいのです。通常は1匹だけ。家でビール瓶はあまり買わないかもしれませんが、ネタとしては使えますよね。

ただ小型の瓶ビールは人気のクラフトビールを飲む時に購入する機械が増えましたよね。さてまた真クイズです。ビール瓶の王冠のギザギザの数はいくつかわかりますか。

答えは、21です。私もシメイビールの王冠を数えてみましたが21でした。この王冠のギザギザの数が21、世界共通なんですって。勉強になりました。

ビールに関わる知識を色々と吸収できて、まだまだ名残惜しいところですが、そろそろ試飲タイムへ。



試飲タイム

テイスティング会場には、原材料の見本がありました。

YEBISUビール

タップで入れてもらった生ビール本当に美味しい。今日は特にビールの歴史を教えて頂いた後だったので、歴史をちょっとだけ噛み締めて考えながらビールを飲みました。複雑な私の苦しい気持ちを、YEBISビールは『大丈夫、楽しんで飲んでくれればいいから』っていってそっと口の中で包み込むように言ってくれた気がしました。

琥珀ヱビス

秋・冬限定の琥珀ヱビス。うまくないわけがないよ。ビールの色の違いって比べると楽しいですよね。いつもは1つ飲んだら次に行くので色を比べる余裕をもっても良いかもしれませんね。そして一緒に提供されたおつまみが美味しい。

おつまみはこちら

テイスティングサロン(レストラン)とショップ(お土産)

ツアー終了後には飲み足らない方は1杯400円で美味しいビールが飲めるテイスティングサロンが併設されています。ソーセージなどのとっても美味しそうなおつまみもありましたが、私はお土産コーナーへ向かいました。

通常のグラスもたくさん展示されていましたが、最近ビールグラスの良さを知った私はこちらの綺麗なグラスに目がとまりました。確か2万円を超えていた気がします。まぁバカラグラスだからしょうがないですよね。でもやっぱり手が出ない。

そして、こんなものも見つけちゃいました。

まとめ

エビスビール記念館はいかがでしょうか。私は見学を通してビールには旨さや美味しさだけではなく、昔からビールに携わる方々の熱い思いと悲しい気持ちも含めた歴史が有るんだという大切なことを今日は学びました。

皆さんもぜひ東京へ遊びに来られるご予定がありましたら、何かのついででも構いませんので、エビスビール記念館のご見学(ツアーでなくても)をおすすめしますよ。

そして、私みたいに自分の好きなことに没頭する時間をぜひぜひぜひ、造ってみてくださいね。私はこれからも大好きなことを一生やり続けますよ。好きなことにチャレンジ出来ないという方はぜひ、私のブログを見てみてくださいね。ヒントや考え方やちょっと笑っちゃう話しも踏まえて行きますよ。

それでは、今日も1日を本気で楽しんで(*´∀`*)はちとでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スポーツライター。コーチ。
自分のペースで自分らしいライフスタイルを構築中。働き方改革中の2児のパパ!!ダイエット実施中75kg → 65kg へ

自分の人生をより楽しく!?これは誰の人生でも無く、自分の人生だ!枠にとらわれずに、自分を信じてみよう。