夏の疲れを癒やす特別な団子とは




こんにちは、はちと(hachito)です。

お子様の夏休みも後半にはいり、宿題に追われている状況でしょうか。私は小さい頃、最後の3日間で全ての宿題を終わらせていました。でも、提出期限に遅れたことはありませんでした。

さて、今日は夏にピッタリのお団子をご紹介しちゃいますよ。

それはこちらです。

 

 

 

 

 

どうですか~?美味しそうでしょ?あなたはどっちの団子がお好みですか。私はみたらしがベター。でもあんこもちを食べたくなる時も有るんですよね~。どっちも食べたい!!

さてこのお餅、何で出来ているでしょうか???

実は夏に良く食べている冷たい『あれ』で出来ているんですよ。

そう『そうめん』なんです。イメージできましたか?

夏は冷たいそうめんを良く食べますよね。

作り方は簡単

  1. 余ったそうめんに砂糖、片栗粉、水をまぜて丸めます。(ボールの中でそうめんと材料を混ぜます。ぐちゃぐちゃと)
  2. フライパンで焼き目を入れて香ばしさと美味しさを演出(パパ頑張ったよ感をかもし出す)
  3. あんこ(缶)とみたらし(水、醤油、みりん、砂糖、片栗粉)を載せるだけだよ。

※アレンジでバニラアイス(スーパーカップ等)などと一緒に食べても本当に美味しんですよ。

私も普段あまり料理をしないのですが、これはめちゃくちゃ簡単。子供と一緒にできちゃいますよ。時間もかかりません。小さいお子さんでも包丁も使わないので、ワイワイガヤガヤしながら一緒に楽しめちゃうところが良いですよね!!

料理の効果

普段忙しくてあまり料理を作る機会も少ないパパさん、料理をするとこんな効能がありますよ~。ぜひチェックしてみてくださいね。

  1. 料理の手間(そうめん団子は簡単ですが…)を認識する。計画(家族にたべてもらえるかどうか考え)、材料準備。
  2. リフレッシュする。→普段しない事をすると、脳がいい刺激を受けてリフレッシュしますよ。※外出しなくてもリフレッシュできます。
  3. 家族みんなで一緒に楽しい時間を過ごせる。→ 子供と一緒にできちゃうのが良いですよね。パパさんでも楽勝です。
  4. ママに感謝できる。→毎日そうめん団子より、複雑な家庭料理を作ってくれる(作れる)ママを尊敬し、感謝できます。
  5. みんなで作って、みんなで美味しく食べる。ただこれだけが、本当に嬉しい。

いかがでしたか。これは私が『そうめん団子』を作った時に感じたことですが、実際料理をしてみると、もっと他にも効果を実感されるかもしれません。準備、段取り、後片付けの指示(ママ→パパへ、パパ→ママへ)材料費、家計への関与、節約、楽しみ、次の料理へのチャレンジ、MOCO’Sキッチンで勉強、料理に興味を持ち奥さんに質問したり、教えてもらったり、一緒に料理をしたり、外出した時に料理の話をしたり…



 

そうめん団子はこんな時にお勧め

  • 普段の疲れが取れなくて、休みだけど家でゆっくりしたいなぁ~と感じる日
  • ちょっと甘いものを食べたいな、スーパーへ買物へ行こうかなと感じた瞬間
  • 子供に公園に行こうとせがまれたが、雨が降っている日
  • ママにちょっとだけ、手を休めてゆっくり休んでもらいたいなって思う瞬間
  • パパ頑張ってるよ!!アピールをしたい時

 

今日の『そうめん団子』はどうでしたか。ちょっとした工夫で色々と楽しめる可能性が広がっていきますよね~。こうして記事を書いている間も私は楽し方そうめん団子作りを思い出し、ニヤニヤしています。(^ν^)そして、甘いものが食べたくなってきた~。よし、ダイエット中だけど、そうめん団子作っちゃおう…7月にダイエットを開始して、まだ状況をブログ記事にしていないので、こちらも記事にしていきますので、お楽しみに(。・・。)

ダイエット!?

2017.06.26

最後まで私のブログを読んで頂き本当にありがとうございます。今日は料理について記事を書きました。普段しない(できないこと)をするのってハードルがありますよね。でもそのハードルをちょっとしたドキドキ感、ワクワク感で乗り越えちゃうと、きっと見えている景色が変わってきますよ。ブログの感想、私に聞きたい質問などありましたら、24時間お待ちしております。(返信は遅れちゃうかもしれませんが。)それでは、お仕事もプライベートも思いっきり、本当に思いっきり楽しんじゃいましょう!!はちと

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スポーツライター。コーチ。
自分のペースで自分らしいライフスタイルを構築中。働き方改革中の2児のパパ!!ダイエット実施中75kg → 65kg へ

自分の人生をより楽しく!?これは誰の人生でも無く、自分の人生だ!枠にとらわれずに、自分を信じてみよう。