汗かきな私がおすすめするお出かけ前の脇の臭い対策と背中汗を抑えるアイテム





こんにちは、はちとです。

この記事では、汗かきで年中悩まされている私がおすすめする汗対策アイテムについて紹介しますよ。

梅雨や夏は通勤やお出かけ前の汗って気になりますよね。

私はなんと冬コートを着ていると表面の手足は寒いのに脇や背中には汗をかいてしまう体質なんです。

電車内で自分の汗の臭いを気にしたり、ワイシャツが透けてしまうことも悩みでした。

汗の悩みは男性も女性も一緒です。

それでは、私と一緒に汗対策グッズを楽しく考えて汗と上手く付き合っていきましょう。




アイテムを使用しない汗対策は、サマータイムにあった

 

汗対策アイテムを紹介すると言っておきながら、初めはアイテムを使用しない汗対策です。

それは、全てのスケジュールを1時間倒しにするサマータイムというものです。

世界的(ヨーロッパやアメリカ等)にはサマータイム(毎年3月末頃~10月頃まで)で1時間時間が早まりますよね。

私はこのマータイムの制度と勝手に個人的に取り入れることで、汗対策をしています。(ライフスタイルを変えています)

期間は汗の対策が重要になってくる梅雨入りの6月後半から9月末までの約3ヶ月。

仕事やプライベートで出かける時に予定よりも1時間早めに行動を移しています。

1時間早く家を出て、目的地についたら周囲を確認したり、喫茶店やカフェでのんびりと手帳を広げて心の準備をしていきます。



この小さくて大きな超個人的サマータイムの導入で汗の不安と悩みを解消して心と体の余裕を持って1日を楽しんでいます。

自分の行動で悩みを事前に回避したり、防いだりすることってとても大事なことですよね。

基本的にはサマータイムを優先しているのですが、日によっては寝坊をしてしまったり早めに行動に移せないこともありますよね。

そんな時の為に汗対策のアイテムを常時バックの中に入れています。

 

脇の臭いと汗対策アイテムおすすめ5点

脇は汗がしみてワイシャツの色が代わってしまったりして恥ずかしい気持ちになりますよね。

脇は半袖やノースリーブなど比較的アプローチしやすい部分ですが非常に重要なポイントなので、状況に応じてアイテムを変えて見ましょう。

created by Rinker
エイトフォー
¥496 (2018/07/16 13:45:14時点 Amazon調べ-詳細)

背中の汗を抑えるアイテムは1秒タオルで決まり

背中まで汗がびっしょりになった経験がある方は、もう制汗スプレーやシートでは間に合わないと感じたことありませんか。

私は以前外出もある職種だった為、6月~9月の間はワイシャツとインナーを必ずバックへ忍ばせておきいつでも着替えられるように準備していました。

いまでは、1秒タオルを持っていれば安心なのでタオルを2枚持参するだけになりました。

お子様がある時もすばやく髪を乾かせるので、大変便利ですよ。

created by Rinker
ホットマン
¥3,510 (2018/07/16 13:45:16時点 Amazon調べ-詳細)

お子様やご家庭ではこちらもオススメしますよ。

created by Rinker
ホットマン
¥5,388 (2018/07/16 01:28:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ホットマン
¥3,780 (2018/07/16 13:45:17時点 Amazon調べ-詳細)

汗をかいた後のアイテム

汗は昔から、汗を掻くことで体の体温調整をする大切な機能です。

無理に完全に止めようとするのではなく、上手に付き合うという感覚が必要ですよね。

それにしても汗が出た後に大切なことは水分補給ですよね。

水分が不足すると集中力が落ちたり、熱中症になってしまうこともあります。

さらに汗と一緒に体の中のミネラル分が不足してしまうので、熱中症対策も兼ねてこのアイテムをおすすめしますよ。

塩分補給飴グッズ

汗を書くと塩分が抜けて疲れてしまいますが、飴を活用して上手に塩分補給してあげましょう。

汗で失った水分補給には、甘さを調整できるパウダータイプを活用しましょう。

甘すぎてベタベタしてしまう感覚が嫌いな方も水分補給を考えると少し薄味でも飲みやすさにこだわって水筒等でスポーツドリンクを持参すると体にとってとても良いんですよね。

created by Rinker
AQUARIUS(アクエリアス)
¥376 (2018/07/16 13:45:18時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめの水筒、タンブラー

 

まとめ

汗を書くことは自然な反応(体温調整)なので完全に防ぐことは難しいですが、周囲や自分が快適に仕事やプライベートを楽しめるように心の準備とアイテム・グッズの準備が必要です。

さらに私のようにライフスタイルの準備(個人的サマータイムの導入)をされると完璧です。

今日からあなたにあったアイテムやライフスタイルを活用して汗対策を快適にしてみませんか。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください