【絶対お勧め】ディズニーランドのクリスマス、プロジェクションマッピングを思いっきり楽しもう。




こんにちは、はちとです。@hachito9090

東京ディズニーランドで絶対にお勧めのクリスマス、プロジェクションマッピングについて今日は思いっきりご紹介しますよ。私は家族で楽しみましたが、恋人と行くのも、友達以上恋人未満の方にもとってもお勧めですよ。

ところでみなさん、東京ディズニーランドに最近行っていますか?私達家族は、平日になんと2年半振りに行ってきましたよ。(*´∀`*)

ハプニングあり、笑いありのとっても良い思い出ができました。ぜひ皆さんも行ってみてはどうでしょうか。

ワンデーパスポート(1日遊び放題)のチケットっていくら?

1デーパスポート(1日遊び放題)のチケット料金は、7,400円(2017年11月時点)です。だいぶ前ですが、私がなんとなく記憶に残っている値段は、5,500円位だったんですよね。いつの間にかこんなに上がっている。まぁ、2年半にも6,500円位になっていてなんともびっくりしたことを思い出しました。

ちなみに我が家では大人2名、3歳以下2名の為、合計料金はこうなりましたよ。

1DAYパスポート大人2名(7,400×2)=14,800円

さらに、駐車場が2,500円(平日)がかかります。※土日祝は3,000円

ディズニーランドへ入るだけでも、なんと17,300円かかります。これを高いと捉えるか、価値があると捉えるかはアナタ次第です。

ちなみに私は、こんな感じに考えますよ。

  1. 17,300円(1デイパス×大人2名)÷4(人)=4,325円(1人あたりの金額)こうすると安く感じませんか?子供も全身でレジャーを楽しんでいますからね。
  2. 17,300円(1デイパス×大人2名)÷2(年)=8,650円(前回ディズニーランドへ行った時から今回までの期間を計算し、1年当たりを確認する。)1年あたりで考えると、そんなにディズニーランドにお金を使っているわけではないので、楽しめますよね。
  3. 子供の気持ち>妻の気持ち>パパの気持ち(私自身の気持ち)=ディズニーランドへ行く 私一人ではディズニーランドへ行かないと思いますが、子供に与える楽しさや喜びは普段では体験できない素晴らしい経験となると私は思います。

どうでしょうか。17,300円と考えるとえ、ちょっと待てよ。。。となりますが短期的な視野だけではなくて、中長期的に考えると、子供とのとっても良い思い出にもなるし、子供がいつか恋人とディズニーランドへ行く時も家族との思い出も思い出してくれると良いななんて考えみたりもします。(*´∀`*)

さてと、料金の話はこのあたりにして、続いてはハプニングエピソードをお楽しみくださいね。



ハプニングエピソード1、思いがけず下道を行く。(私の意思とは反対に…)

子どもたちの準備がやっと終わり、さぁ出発だと思ったらもう7時過ぎ。8時開園に間に合わないなぁ。まぁ、子供のペースに合わせるのもしょうがないよね。ディズニーランドへ行くのに無理やり急がせてもしょうがないさ。

カーナビをディズニーランド駐車場に設定し、車を出発させて一安心。楽しい旅の始まり始まり。朝食抜きで出発したので、運転しながら、車の中でも食べられるおにぎりやチキン、パン、ジュースを買って会話を楽しみながら、朝食を取りました。小腹が落ち着いたところで、カーナビに集中するとなぜか乗るはずのインターを通り過ぎていました。あれ?引き返すのもなんだし、まぁ、カーナビのご指示通り運転するか…でもちょっと待ってなかなか高速に乗らない。なんだか事故で交通規制がかかっていてなかなか乗れなかったみたい。

人生には、色んなハプニングが起こります。こんなハプニングも楽しめる余裕が欲しいですよね。

 

ハプニングエピソード2、首都高で迷ってしまう。

埼玉県から東京都、、、じゃなくて千葉県へ行くに首都高を通らなくてはなりません。車の運転が苦手な私ですが、家族の為にと頑張りました。平日だからかどうかわかりませんが、道路が混んでいる。まぁ運転を普段やらないので、土日祝ももっと混むのかなぁ?と考えながら運転していました。

首都高って入り口も道路の左からだけではなくて右からも入るんですよね。my carも右から高速へ入りました。右から本線に入るなんて今思い出しただけでも、ドキドキが戻ってきます。手に汗握るし、普段肩が凝らない私の肩がガチガチに緊張している。カーナビを頼りに車線変更を右へ左へ。これは慣れていないと、もう大変なんですよ。そして、合流してくるのも左側からだけではなく、右からの合流もあるので、気が抜けません。

普段こんなに過緊張にならない私の集中力が一瞬途切れた瞬間がやってきました。それは、分岐を左車線へ抜けるポイントでの出来事です。カーナビとのアイ・コンタクトを間違った私は、ディズニーランドへ向かう首都高の真ん中当たりで、なんと出口へ車をコントロールしてしまったんです。オーマイガー!!これには、運転に慣れている妻は開いた口が塞がらない状態。ただでさえ、子どもたちの準備が遅れて出発が遅れていたので、到着時間を見るとどんどん遅れて10時16分へ。何という痛恨のミス。

でもミスはミスで、首都高を逆走はできません。おとなしく首都高を下り、一般道を捨て左折しながら、再度首都高へ。今度は何とか葛西へ。葛西出口が混み合っていたので、私達は、浦安まで行き、高速を下りました。

なんだかんだあったけど、安全第一。プチハプニングも楽しんじゃえ。

2年半ぶりに来て驚いたこと

2年前は確か5月の土日に来たんだけれど、今回は11月の平日。だけどめちゃくちゃ混んでいて正直戸惑った。まだ子供が3歳と0歳なので、そんなにたくさんの乗り物には乗れないんだけれどね。でも、平日いこれだけ家族連れがいるなんて、ディズニーランドの集客力は本当に凄い。そして、有給やシフトでお休みのパパさん、ママさんもお疲れ様です。

家族や大切な人との時間はお金では買えない特別なものですよね。私は、20代仕事の鬼(仕事が大好きと言ってプライベートを犠牲にしていた)になっていてこんなに楽しい人生を当時は想像できていなかったな。20代の職場では正直働きすぎて色々な経験ができたけれど、人間らしい生活はできず、『結婚』というイメージが全く持て無かった。忙しすぎて。※シフト勤務の仕事をしていたのですが、サービス残業が当たり前、残業申請も鶴の一声(社長の命令)で書き直し(残業を認めてもらえず、残業時間を0として勤務表を提出するように求められる)をする事が多々ありました。

『あ~、転職して本当に良かったな。』と今になって本当に思いますよ、本当に。

本当に声に出して言いたい。親や友人や見栄に左右されず、自分の心に従って職を買えてみても良いんじゃないかと。自分を押し殺して、20代なのに老けてしまって50代のような顔つきになっている場合じゃありませんよ。自分らしく自分の人生を楽しんでね。(*´∀`*)



ディズニーランドで1番困ったことと、改善点。

それは、何と言っても食事、おやつです。小さい子供も私も妻もレジャーでははしゃぐのでお腹がとっても減ります。しかし、しかしですよ。11月の平日でさえ、チェロスやキャラメル味のポップコーンに長蛇の列。約60分並ばなくては行けないなんて想像できていなかったな。いい経験をしたな。

でも、ミッキーの手の形をした角煮が入った肉まんは混んでいなくて、助かった。テーブル席も空いていたしね。1つ550円で値段的にもボリューム的にもちょうど良かったのかな。ミッキーの手、子供も喜んで食べてくれたしね。可愛いでしょ?

 

 

今度ディズニーランドへ行くときには、おにぎり、パン、お菓子、ドリンク(ホット、コールド)を持っていきます。お腹が空いた時にレストランや食べ歩きおポップコーンやチェロスに時間をかけていられない。個人的には、お金ではなく(ランチセットが1,500円~1,600円程度するものもあります。)待つのが嫌なのでもなく、お腹がすいた時にすぐに食べられないのが嫌だったんです。だから、絶対に次回は反省点を活すぞ!!

さぁ、小腹が満たされたし、乗り物に乗ろう。

メリーゴーランド(30分待ち)に乗って、ダンボの空飛ぶ乗り物(60分待ち)に乗って。小腹が減って買い出しへ行きました。でもさぁ不思議と家族で並んでいると楽しいので、30分も60分もあっという間に乗り物に乗れちゃうんですよね。20代に働いていた職場で社員研修と言って参加したディズニーランド、ディズニー・シーへ行きましたが、なんとつまらなかったことか。プーさんのハニーハントに90分グループで並んだ時は、本当に最悪というフレーズがピッタリだった。しかも社長と同じグループになるなんて。本当最悪な社員旅行の思い出が記憶の奥底から蘇ります。今回、本当に楽しい思い出に変わり、ディズニーランドのイメージが私の中で変わりました。

0歳の息子は、ディズニーランドでぐっすり眠っていて、パレードで音楽が鳴っていても、全然おきません。だから家族写真では、寝ているショットしか取れていません。まぁ、しょうがないよね、息子くん。

グーフィー、ドナルド、ミニーの家も娘にとっては刺激的だったようです。

パレードは2種類見ることができました。

お昼に行うパレード、夜に行うクリスマスパレードの両方見ることができました。パレードの迫力は言葉では表せないほどのインパクトがありますよね。娘は、本当に喜んでパレードを見ていました。パレードの表現力、楽しさ、笑顔は、自分の仕事にも、生活にも役立つスパイスが入っていて、私個人的には、とても勉強になりました。

今回、このディズニーランドへ行くきっかけとなったのが、『ディズニー英語』でした。

ワールド・ファミリー・クラブのテレフォンイングリッシュをスタートしましたよ。

2017.09.14

ディズニー英語システムを契約したよ。大きな決断?超簡単な決断だった。

2017.08.30

ディズニー英語にハマったパパが『歌フレーズ』を勝手に口ずさみながら思い出した苦い英語の記憶

2017.09.25

フィリピン英語(英会話)短期留学(CNE1)を通じて考えた事、感じた本音、そして費用

2017.09.16

ディズニー英語で触れるミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、プルート、クララベルなどたくさんのキャラクターに会いに行きたいと娘が言ってきたのがディズニーランドへ来るきっかけでした。



実は家族で海外旅行へ行きたいと考えて、へそくりをコツコツと貯めていたんです。普段カード支払いを基本としている我が家では、現金を使う機会が減っているのですが、大きなお金が崩れたタイミングで100円、500円と貯金を少しづつしていました。子供が興味を持ってくれたものに少しでもサポートしていきたい。そしてそれが同時に家族での楽しみにも変わる。そんな事にお金を使っていきたいと心から思っています。

絶対にお得な楽天カードで賢くポイント(小さな幸せ)生活をスタートしよう!

2017.09.28

お金は、使う時にきちんと使い、無駄なお金は出さないようにすれば、幸せな生活へ近づくのではないでしょうか。お金を貯めただけでは幸せになれず、お金が無くても幸せになれず。

クリスマスの雰囲気抜群のクリスマスツリー

どうですか、綺麗でしょう。このクリスマスツリーは、高さ15mあるそうですよ。本当に大きくて迫力がある。子供もびっくりしていました。私のとても感動しました。人がたくさんいたのですが、ツリーを見ている瞬間だけは、たった1人でツリーの前にいる感覚を覚えるくらい、巨大なツリーでした。

そして何と言っても、圧巻はプロジェクションマッピングの世界です。

プロジェクションマッピングの世界へようこそ

通常は、こんな感じのシンデレラ城が、プロジェクションマッピングで大胆に変身しちゃいます。ほんの少しだけ魅力を紹介しちゃいますね。

夜になると、、、大胆に変身しちゃいます。

 

ハプニングエピソード3 息子くん(0歳4ヶ月)しもやけになる

プロジェクションマッピングを楽しんでそろそろ、風邪をひくからと言って足早に駐車場へ向かう私達ですが、息子くんは相変わらず寝ている。寝顔は可愛いのですが、せっかくディズニーランドへ来たのだからもう少し目をあけてくれよと心の声は叫んでいた。きっと息子くんには届かないけれど。

帰りは運転が得意な妻にまかせて助手席へ。妻が運転してくれる事に感謝しつつ、運転しないって幸せだなぁと感じてしまいます。その時です、息子くんが甲高い声を発しながら泣きます。こりゃ、どうしたものか。名前を読んでも泣き止まず、顔や頭を撫でても泣き止まず、手や足を掴んで、、、、うん?

左足、めっちゃ腫れてない?右足は綺麗な土踏まずがあるのに、左側は土踏まずが感じられない。いかん!!と思って急いで靴下を脱がせると、右足に比べてやく2倍の膨張率で足が大きくなっていて、私が軽くさすったり、推したりすると、息子くんの甲高い声が車内へ広がっていくのでした。そして娘は、楽しい思い出とともに深い、深い眠りについていて、家に帰るまで起きることはありませんでした。

こんなエピソードもいつかきっと楽しい思い出となるんだろうな。

まだまだ続くよエピソードは。

思い出エピソード1 息子くん寝返りをする。

やっと家に帰り、急いでお風呂の準備をして、入ろうとした時、ふと息子くんを見ると、仰向けに寝ていたはずの息子くん、うつ伏せになっているではありませんか。最近股関節を上手に使い足をぐるぐると内、外に回していると思ったら、ついに寝返りに成功していました。

この後ビデオを撮ったり(全てiPhone&グーグルフォト)を使用して30分はお風呂に入る時間が遅れたことは言うまでもありません。(*´ω`*)

忙しいあなたにオススメのgoogleフォト

2017.07.13

最後に

子供や家族との時間は永遠のようで、永遠ではありません。今楽しむことに集中しよう。ディズニーランドではハプニングも含めて、とっても良い思い出と家族の絆が生まれますよ。思い出や経験、子供の成長を見るのは、プライスレスです。

さぁ、貴方も楽しい人生の1ページにディズニーランドの思い出を追記しましょう!!

一緒に行く人がいない方は、想いをぶつけて一緒に行きましょう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スポーツライター。コーチ。
自分のペースで自分らしいライフスタイルを構築中。働き方改革中の2児のパパ!!ダイエット実施中75kg → 65kg へ

自分の人生をより楽しく!?これは誰の人生でも無く、自分の人生だ!枠にとらわれずに、自分を信じてみよう。